ブエノス小僧のイラストブログ

興味があることを、ガサガサ、ゴソゴソ、画いたイラストといっしょに掲載します。

よくわからないこと?

年をとると、わずかずつ時代とズレてくる。
それは仕方がないことだろう。
ボクはめんどくさいのが嫌いだから、ズレが早く進むのかもしれない。
(なにが時代の標準なのかはわからないが?)

例えば、パソコンのOSが新しくなる。windows8からwindows10への移行。
するとwindows10の操作方法を覚え(慣れ)なければならない。

若い人は、それもゲームのように楽しめるのかもしれないが、
おじさんのボクには、とても「めんどくさい!」。

windows8のときなどは、なんと、スタートボタンがなかった。
まず、スタートさせるのに一苦労(ええ加減にせーよ!)。
基本操作から、覚え(慣れ)たくはない。

te291.jpg


ということで、時代とズレているボクが、よくわからないこと(理解しがたいこと)がいくつかある。

そのひとつ、話題の「仮想通貨」
まず、名前からして胡散臭さイッパイ。なんたって「仮想」だもんね。
それが何種類もあるらしい。
(ボクは「仮想通貨」にはまったくの素人)

その「仮想通貨」を仮想現実(インターネット)上で「現実の通貨」で買うのだろう。
現実通貨を仮想通貨にするのだね。
仮想通貨はインターネット上で、今までめんどくさかったことでも
簡単に決済可能(国外でも)だという。

仮想通貨は取引されて価値が上下するという。
ある仮想通貨は24倍になったと聞いた。
もしそれが本当なら(幸運にも)、1万円が24万円に、10万円なら240万円に、50万円が1200万円に、・・・

先日、「コインチェック」の仮想通貨が流出して(盗まれた)大きく報道された。
今後、どうなっていくのかハッキリしない。
出川哲郎の兄と弟の二役のCM(面白い)も、パッタリ流れなくなった(あたり前だが)。


詐欺の目標は、ほとんどがお金だろう。
ボクは銀行のネットバンキングすら「危険」だと思っている。
だって、どこかの国がITの逸材を集めて、なんとかして金を盗めないかと、
国を挙げて研究をしている、というではないか。

ボクは「仮想通貨」などという胡散臭いものに手を出すのはイヤだ。
「仮想通貨」に手を出すヤツの気が知れない。


そんなことを昼下がりのスターバックスで友人に話した。
すると友人が、こんなことを言った。

① 今の仮想通貨はバブルだろう。そしてバブルははじけるだろう。
危険だろう。トラブルが起きるだろう。
そのあげく、規制や整備がされたのち、さらに広まっていく。止まらないだろう。

② 今は仮想通貨は初期の段階で、参加している人が少ない。
だから大きく価値が上下するのだろう。大得、大損、がおこる。

③ 仮想通貨に参加している人の何割かは、博打でやっているのではないか?
宝くじより儲かるかもしれないと、
10万円で参加して「0」になったとしても、「博打なんだから」と、
逆に値上がりすれば、24倍にと、

④「仮想」は胡散臭いというが、今の世の中、仮想だらけだ。
そもそも、通貨だって胡散臭い。ただの印刷物になる可能性がないとはいえない。
実際、あった。

整理すると、友人はそんなことを言った。

座りの良い顔、ノンビリとした性格の友人だが、ボクの話より切れがあった。
ボクの話は、所詮、テレビニュースと想像でかためた「ド素人仮想通貨感」だ。


夕暮れの電車のなか、いやまてよ、「友人は仮想通貨に手を出しているのではないのか?」
言葉に鋭いところがあった。
仮想通貨を毛嫌いするボクの言葉に、イラッとするところがあったのかもしれない。

横長の前席の乗客のほとんどは、スマートフォンに夢中になっている。
その後ろを見慣れた景色が流れていく。もうすぐ最寄駅だ。

「それでも仮想通貨には手を出さないもんね!」とボクは思った。










  1. 2018/02/13(火) 07:54:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

片っ端から

平成30年(2018)あけまして、おめでとうございます。
今年が「素敵な年」になりますように・・・

めんどくさいことは見ないようにして、「怠け者の甘い悦楽」をむさぼる年末年始。
秋田に住んでいなくて良かった(「なまはげ」が来るから)。

それにしても、平成も30年。
若者の代名詞の「平成生まれ」に30歳が出現する。
そして、もうすぐ平成も終わるという・・・!

「平成の発想ね・・・」などと、次の世代から言われる時がくるのだろう・・・、恐ろしい!(ボクは昭和)。


話は変わる。

本ばかり読んでいる。
寝っころがりながら読む。
片っ端から読む。

数冊を平行して読むクセがついてしまった。
続けて同じ本を読んでいると、厭きる、疲れてくる。
そうすると、別の本を読む。
気分が変わって、読み進める。

その本にも、厭きる、疲れてくる。
また、別の本を読む。

という具合に数冊を読みめぐるクセだ。

あけまして


今、枕元にある本。

①香山リカ著『若者のホンネ-平成生まれは何を考えているのか-』朝日新書¥760+税
もうすぐ、読み終わる。

②洋泉社編集部編『-ここまでわかった-本能寺の変と明智光秀』洋泉社¥950+税
このタイトルを見たら、読まざるをえない。

③西原理恵子著『生きる悪知恵』文春新書¥800+税
タイトルの「悪知恵」にひかれた。

④清水義範著『心を操る文章術』新潮新書¥680+税
読みはじめたところ。わが故郷、名古屋出身の作家。

⑤五百田達成『ウザい話方-実はあなたもやっている-』PHP文庫¥590+税
読みはじめたところ。タイトルほどには面白くない。

⑥酒井順子著『枕草子REMIX』新潮新書¥490+税
はまっている酒井順子先生(先生とお呼びしている)の本。
酒井先生の歴史ものは、ちょっと不満(先生すみません)。

⑦松田毅一/E・ヨリッセン著『フロイスの日本覚書』中公新書¥600+税
フロイスの見た「戦国日本」、当時の日本人があたり前すぎて書かないことが書かれている。
日本イエズス会布教史。信長・秀吉時代へボクを連れて行ってくれる。小説ではない。

⑧中村うさぎ・佐藤優『死を笑う』毎日新聞社¥1400+税(二人のの対談集)
読み終えた。


見ての通り、節操がない。
小説はない。小説は好きではない。

面白い本は、人それぞれなんだと思う。

本をプレゼントされたことがある。
感じるところがあり「読んでみろ」と、ボクに勧めてくれたものだと思う。
贈っていただいた方には、深く感謝しているが、
ことごとく、ボクには面白くない(すみません)。

ボクも本を他人にプレゼントしたことが何冊かある。
おそらく、もらった人は面白くなかったのではないだろうか?

その本が面白く感じるかどうかは、そのときの、年齢、性別、職業、興味、状況、経験、気分・・・
に左右されるのだと思う。

以前に太宰治の『人間失格』を読んだ。
絶賛する人もいる。有名作家の有名作品だから、読んでおくかと・・・

これが、サッパリ面白くない、どこが良いのかわからない、ボクには。
我慢して読んだ。以来、太宰は読まない。

芥川龍之介の作品は、冒頭の数行を読むだけで「芥川の世界」に引き込まれてしまう。ボクは。
小説を読まないボクだが、芥川龍之介は繰り返し読む。それほど良い。

直木賞、芥川賞、など各賞作品や、話題の本、は読まない。
選考委員や他人は、面白いと感じたのだろうが、
ボクが面白いと感じる可能性は低いと思うからだ。
以前、話題作(なんだったか忘れた)を読んだが、やっぱり面白くなかった。

ボクの好きな作家(小説家だが、エッセーが好き)、奥田英朗がエッセーのなかで
「面白かった」と紹介していた本を買った。奥田英朗が「面白かった」といっているのだからと・・・
これも面白くなかった。

プレゼントされた本(した本)と同じだ。
読書は、とても個人的なことなんだと、ようやくわかってきた。







  1. 2018/01/02(火) 08:38:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

次は・・・?

スケートの季節。

先週、名古屋で、フィギアスケート「グランプリファイナル」が行われた。
男子で勝ったのは、アメリカの4回転男、ネイサン・チャンだった。おめでとう!

日本のエース、羽生結弦のケガが気になる。
羽生くんには日本だけでなく、世界にも多くのファン(女性の)がいるという。
ハンサム(イケメン)+実力もトップクラス、人気があるのも無理はない。


風呂上りに、食べ残しのスパゲッティをつまみにビールを飲んでいると、
テレビに羽生くんが出ていた。フと思った。
羽生くんは、歳をとると「故、宇野重吉(寺尾聡のお父さん)」のような顔になるな?」と・・・

inu42.jpg
<ボクの年賀はがきのイラスト。
今回の記事とはまったく関係がない。

平成も三十年(2018)だ、
故小渕首相がテレビカメラにむかって、「平成」と書かれた紙を見せていたのを覚えている。

ボクが若いころ、「10年なんて、アッという間だわ・・・」とオジサン、オバサンが言っていた。
「そうかなぁ?・・・」とボクは思った。
そして、オジサンになったボクは「30年なんて、アッという間だったなぁ・・・」と思う。>



男子フィギアスケートは、いまや4回転ジャンプの時代。
それも「4回転を飛べば良い」というものではない。
数回、飛ばなくては勝てないことになっている。

おそらく、ひそかに4回転半の研究と練習をやっているのだろう。
成功の回数が多くなると、本番で飛ぶ選手が出てくる。
こうなると、4回転半を飛ぶことが勝つ条件になってくる。

そうすると、4回転半を複数、飛ぶ選手が出てくる。

4回転半が普通になれば、当然、5回転時代に・・・
5回転の次は5回転半、そして6回転へ、

そして、大台の10回転ジャンプ・・・?

どうする、ほんとに?このままいっていいの?(と、皆どこかで思っている)


回転数が多くなると、転倒の可能性は大きくなる。
大技は危険(リスク)をはらむ。

フィギアスケートは技と美しさを競う、優雅なスポーツ(見る側からすると)だ。
ジャンプの転倒には痛々しさがある(見る側からすると)。氷にたたきつけられる。

「優雅と痛々しさ」、これがフィギアスケートの緊張感を生む。
見る側は、「切れのあるジャンプ」のどこかに「痛々しい転倒を期待している・・・」



今年の投稿は今回までです。ありがとうございました。
来年も、お時間がございましたら、覗いてやってください。

すこし早いですが、良いお年を・・・





  1. 2017/12/12(火) 07:31:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テストです。

テスト投稿です。
記事ではありません。
  1. 2017/11/01(水) 12:30:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

女優、白石加代子(敬称略)

shiraishi12.jpg
<白石加代子には黄昏時が似合う。電線が這う空が似合う。もちろん夜の闇も・・・>


女優、白石加代子(敬称略)。
ボクはいつ頃、白石加代子を知ったのか?覚えていない。
注目したのは、たしか、『百物語』(一人芝居?一人語り?)のポスターを見たときだったと思う。
遅い気もする。

「ギョッ!すげーっ!だれこの人?」、存在感(月並みな言い方ですが)に圧倒された。
ポスターを見ただけで、すでに怖い。舞台はさぞや、と思った。
ただごとではない表情(顔)だ!
出てきただけで「なにかが起きるぞ!」と思わせる俳優は、そうはいないだろう。

白石加代子は顔が大きいように思う(目立つ)。
舞台役者としては顔が大きいのは長所だ。

できれば、目、鼻(穴も)、口、などの部品も大きい方がいいだろう。
遠くの客席からも顔の芝居が見えるから。
舞台役者が濃い化粧をするのも同じ目的からだろう。

今や、カワイイ顔の条件とされる小顔やチマチマした顔部品は不利だ。


白石加代子のような存在感を思いつくとすれば、
樹木希林(敬称略)、美輪明宏(敬称略)、ぐらいではないだろうか?

ボクは、樹木希林、美輪明宏、を敬意をこめて巨人だと思っている。

先日、テレビに古館一郎と樹木希林が出ていた。
北大路魯山人と映画『人生フルーツ』をからめた対談だった。
企画は成功したとは言い難かったが、

「古館一郎の喋りは、どうでもいいから(失礼)、樹木希林にイッパイ話させろ。樹木希林のことが知りたい。」
と思って見ていた。
テレビに出演する人は「映って(抜かれて)なんぼ、喋ってなんぼ」なんだろう。
だから皆よく喋る。映ろうとする。
相手に喋らさせなくちゃいけない立場のときでも、よく喋る。

脱線した。
白石加代子は現在、NHK朝ドラ「ひよっこ」でアパートの怪大家さん、富(とみ)を演じている。
若いころに赤坂(だったかなぁ?)の芸者だったという役どころ。



話は変わる。

「さくら~吹雪の~~♪」というメロディーが流れると、「うわっ!また来たか」と思う。苦手だ。
これでもか!の感動の押し売り。

当日だけでなく、数日前から予告ネタが増え、終わっても反芻ネタが流される。
だから、『24時間テレビ』は実質、24時間より長い。勘弁してほしい。
ボクは、この期間、他チャンネルに避難するのだ。









  1. 2017/08/29(火) 07:58:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ