ブエノス小僧のイラストブログ

興味があることを、ガサガサ、ゴソゴソ、画いたイラストといっしょに掲載します。

頭と尻尾はくれてやれ!

atamatosippo33.jpg

<魚の頭と尻尾はくれてやれ!>
株の格言のひとつ。 
利食いを上手くこなすための相場訓。

相場の大底から大天井までを一匹の魚にたとえている。
全部食べるのではなく、頭の天井と底値の尻尾は他の投資家に食べさせて、真ん中のおいしい部分を食べるのが儲けるコツということ。
心を広く構えて、頭と尾は他の投資家にあげるくらいの余裕が利食いを上手くこなしていける。
「利食いは腹八分」「売り買いは腹八分」と同じ意味合いの相場訓だ。

株投資の王道は「企業に惚れろ!」とよく言われる。
「その企業の高い理念に賛同して、株を買うことで応援、オマケとして利益を得る。」ということなのだが、これは少数派だろう。
ほとんどは企業理念はさておき、株売買で生まれる儲けをねらっている(キャピタルゲイン)。
お釈迦様の教えから遠いところにいる人々だ(ボクも遠い)。

ボクの友人に株に一喜一憂しているヤツがいる。
負けているようだ?
その友人は、ときどき格言が口をついて出る。

ボクは今はやっていないが、ずいぶん前に株をやったことがある。
ご想像のとおり、負けた。
株取引に関する格言がいくつかある。
株価の上下で生ずる泣き笑い。金に関わる泣き笑い、下品だが面白い。
下品は面白い。

株は心理戦だ。多くの人が「うわー!めちゃんこ下がってる!恐ろしい!泣いているヤツがいるな!」と皆があきれて見放しているときにその銘柄を買わなくてはいけない。

「そんなことわかっているは!」と思うだろうが、これが出来ない。「まだ下がる!」と思うからだ。
皆と逆のことをすることは簡単ではない。だから、勝利者は少数。
株は「へそ曲がり」向きだ。

株は波のように、高くなったり安くなったりするわけだから、波の安いところで買って、高くなったところで売れば、その差が儲けになるのだが、人情として安さの頂点で買い、高さの頂点で売りたい。

ところが、その頂点がわからない。
「もうすこし上がるな、頂点はもうすこし上がったところだろう?」と予想していると、突然(そう見える)、大きく下がりはじめる。
「そうか、あれが頂点だったのか、持ち直したら売ろう」と思っていると、どんどん下がり、見かけの儲けは吹き飛んでしまう。

株は上がる時はボチボチ、下がるときは一気。
高値では、下がり始めたら皆が我先にと売って逃げ出すからだ。

逆に、「もうすこし下がったら買いだな!ムフフフ・・・」などと思っているとガクンと上がり始める。
シャクだから買い損ねてしまう。買わなくては儲けは出ない。

「魚の頭と尻尾はくれてやれ!」
「欲深いと、せっかくの大魚を逃すぞ!ほどほどに!」
ということなのだろう。

株の格言が面白いのは、株以外にも通ずるからだと思う。
株は人間の心理を読むことなのだから・・・・



<100連発!株の格言集>を参考にしました。
http://kakugen.kabumaps.com/









  1. 2012/01/31(火) 07:12:26|
  2. 格言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0