ブエノス小僧のイラストブログ

興味があることを、ガサガサ、ゴソゴソ、画いたイラストといっしょに掲載します。

佐久間象山を暗殺した男

肥後の河上彦斎(かわかみ げんさい)です。

幕末に「人斬り彦斎」と呼ばれた人です。
天保5年(1834)~明治4年(1872)

 kawakamigensai31


幕末の開国派の大物、佐久間象山を暗殺しました。
彦斎が人を斬ったことが確実なのは、これだけだそうです。

とすると、この事件があまりにも目立ったため、刺客として有名になったのかもしれません。






続きを読む
  1. 2009/07/28(火) 09:14:03|
  2. 歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オレに惚れるなよ!

「オレに惚れるなよ!と言ったろ!」
男なら言ってみたいセリフです。

男と女の仲は不思議。

「エッ!あのいい女が、あいつと・・・?」よく聞く言葉です。
ハッキリいうと
「あんないい女が、あのブ男にヤラれちゃったの?」(失礼、下品ですね。)

 horerunayo41


魅力的な女性が不釣合いな男性と一緒になることは、よくあることです。
もちろん、この逆もありますが、



続きを読む
  1. 2009/07/21(火) 09:35:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一遍はどこにいるの?

一遍はどこにいるの?

ボクは空也像(六波羅蜜寺蔵)が好きです。

念仏が仏の姿になって、空也の口から出てくるという表現方法の新鮮さと率直性に感動する。
余計なことですが、「六波羅」という地名の響きも良いですね。

空也像を下敷きにイラストを描こうと思っていたとき、
若い僧たちが、「人生にいき詰まってしまった人たちを救おう、すこしでも、手助けをしたい。」と活動している報道を見ました。

「一遍に影響を受けた」と言っていました。
たしか東京周辺の僧たちだったと思います?

ippenn.jpg

ボクは、その若い僧達の意気に感じました。
このテーマでイラストを描きたいと思った動機です。

イラストの僧は、一遍の肖像画をモデルとしました。




続きを読む
  1. 2009/07/14(火) 08:11:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

なんといってもアダムスキー型!

「空飛ぶ円盤」と言えば、ボクはなんと言ってもアダムスキー型ですね。

もうインチキだったということが、わかっているそうですが、

その写真を初めて見たときには、ビックリしました。

ufo.jpg


窓らしきものがあったり、下部(と思われる)の半球形は着陸装置と説明?していました。
「窓のなかには地球外生物が?」と想像がふくらみました。




続きを読む
  1. 2009/07/07(火) 09:47:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0