ブエノス小僧のイラストブログ

興味があることを、ガサガサ、ゴソゴソ、画いたイラストといっしょに掲載します。

クッキリと太い財運線!

国道155号線をクルマで走っていた。
午後の1時40分。まだ、昼飯を食っていない。
「中華そば」の看板を見つけて食べることにした。

どこにでもあるような店、「中華そば」を注文する。
客が多い。昼食時間は終わっているにもかかわらず。

待つこと数分、出てきた「中華そば」、
マズくはないが、すごくウマイというほどでもない。
この程度の味なら、どこにでもあるといった程度だ。

rikisi11.jpg

食い終わって、楊枝をくわえながら、
ボンヤリと「どうしてこの店はハヤっているのかな?」、

うどん屋の「中華そば」を出す店は最近は少ないから、
「中華そば」ファンが来るのだろうか?などと考えていると、

はし立ての裏から、なにか出てきた!小さな相撲とりだ!




続きを読む
  1. 2009/12/29(火) 10:21:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

色目は女が似合う!

2009年も押し詰まってきました。
「いかがですか?今夜はちょっと気取って、ホテルのバーで・・・」

夜景の見えるホテルのバーです。いますよね、こういう女。気が多い女です。

hotelnobar11.jpg

「永久に変わらぬ愛」に人はあこがれます。それはとてもムズカシイことなのだからでしょう?
だからあこがれる。
「永久に変わらぬ愛であってほしい!」と思いながらも、他の男(女)に眼がいってしまう。
これが人間でしょう?

「新潟へ用事があるのだけれど、一緒に行かない?
用事は半日で終わるから。海は良いし、魚と酒がウマイ!
瀬波温泉に予約をとっておくから。行く?」男が誘う。

「行きたいな!予定を確認してからね!あとでメールする。」と言いながら、
「あの人タイプだな!」と他の男に色目を使う。

色目は女が似合う。



続きを読む
  1. 2009/12/22(火) 12:04:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あれが白野弁十郎!

通りを行く「白野弁十郎」としました。

「白野弁十郎」は19世紀のエドモンド・ロスタンの戯曲、「シラノ・ド・ベルジュラック」を
幕末の日本に置き直した「新国劇」の当たり狂言。
騎士を武士に置き換えた物語です。

沢田正二郎が弁十郎を演じ、その後、島田正吾、緒方拳が独り舞台を演じました。
ボクの大好きな話です。

このイラストではボクが勝手に戦国時代後期としました。

shirano02.jpg


以下、私流の「白野弁十郎」とします。

剣豪、詩人、哲学者である「白野弁十郎」の弱点は、とても大きなその鼻にありました。
ハンサムじゃなかったのです。

弁十郎には意中の美しい姫がいました(名前が思い出せない)。
豪気でロマンティストの弁十郎ですが、
その人の前ではクドくことなど、とてもできない純情な男になってしまいます
(よく解ります。ボクも同じ?)。



続きを読む
  1. 2009/12/15(火) 07:37:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あれは「去年の夏、突然に」

映画館のポスターを見入る少年です。
少年はボク自身。ポスターは「去年の夏、突然に」です。

映画館のポスターだったのか?兄ちゃんの引き出しに
隠すようにしてあった映画雑誌だったのか?
ハッキリしませんが、この宣伝用写真にボクは見いったのです。

eigakan2.jpg

ボクの鼻の穴はフクラミ、ムネは高鳴り、息が激しくなり、
眼が血走っていたことでしょう?おそらく?

ボクに衝動が走ったのは、あれが最初だったのではないか?

「準備、整いましてございまする。御下地をいただければ、
先陣をうけたまわり、ただちに切り込みまする!」
と臍下(せいか)の一点が言ったような気がします?




続きを読む
  1. 2009/12/08(火) 08:41:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高山右近、祈る!

戦場(いくさば)の高山右近(洗礼名ドン・ジュスト)。

戦国時代のキリシタン武将(大名)です。
ジュストとはポルトガル語で「正義の人」の意味だそうです。

おそらく、右近は戦の前に神に祈ったことでしょう。
右近の誘いを受けてキリシタンになった配下の侍たちも一緒に祈ったことでしょう。
右近は関西の人ですから、関西弁で祈ったかもしれません?

takayamaukon11.jpg


当然ですが、配下には仏教徒の侍もいました。

「ふーん、ああやってキリシタンは祈るのだなあ。手の合わせ方がちがうが、わしらが仏様に手を合わせるのと似ているなあ。そういえばデウス如来とも言っていたしな・・・」などと、
右近の祈る姿を見て思ったかもしれません。

「うちの大将、またやってるやん、なんかブツブツ言うてるで、あんなんで、ほんまに大丈夫やろか?まええか、わしもついでに拝んどこ、ナマンダブ、ナマンダブ・・・」
本願寺かい?ムチャクチャやがな!



続きを読む
  1. 2009/12/01(火) 07:15:35|
  2. 歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0