ブエノス小僧のイラストブログ

興味があることを、ガサガサ、ゴソゴソ、画いたイラストといっしょに掲載します。

足軽をナメんなよ!

テレビや映画の合戦シーンでは、その他大勢で扱われる「足軽」です。

甲冑に身を固めた武将にハイライトが当りますが、
ヘソ曲がりのボクとしては、「足軽」を取り上げてみました。

戦国時代の合戦の実質的主役は足軽達です。
合戦が近ずくと、主に農民が足軽として徴用されました。

asigaru13.jpg

武器や鎧(足軽用の)などは貸し出されたそうですが、
当時の農民は軽い武装ができたのでは?とボクは思います。

足軽のなかには農閑期の臨時収入を目当ての農民(略奪、人身売買)と、
合戦をチャンスと見て、
やる気十分の武芸者(もしくは、それまがい)がいたのではないでしょうか?



続きを読む
  1. 2010/02/23(火) 06:53:11|
  2. 歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

魔物をもった少年!(ジョーク)

屈強な男が屈強なものをもっているとはかぎりません?


mamono11.jpg

<二寸五分・約7.5cm>いくらかマシだが、まだ不足!

<三寸五分・約10,6cm>ご家庭用サイズ!

<五寸・約15cm>お局様を喜ばせることが出来る!

<六寸五分・約19.7cm>大きい女か小さな牛に!





  1. 2010/02/16(火) 07:24:16|
  2. ジョーク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

牛と眼があった!

ずいぶんと前のことですが、
三重県の鈴鹿(あの鈴鹿サーキットがある)に牧場を隣接させた「すき焼」の店がある
と教えられました。
「とてもウマイ!」とのことでした。

結局この店には行っていないのですが、その時、想ったのが・・・
以下、ボクの想像です。

おそらく、すき焼を食べるところから、牛が見えるしかけになっているのだろう?
いや、すぐとなりが牛舎かもしれない?

sukiyaki12.jpg

「おいしいね!肉を入れる?白滝も食べごろよ!ウフ!とってあげる!
フハフハ・・・、あつ!うまっ!」などと楽しくやっていると、窓から牛が・・・。

和牛であります(黒毛和牛ですよ。頭が高い?)。
驚いていたら、眼があってしまった。



続きを読む
  1. 2010/02/09(火) 07:32:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

三途の川渡舟組合切符売り場

「三途の川渡舟組合切符売り場」です。

人は死ぬと上の方にある光の中に入って行く。
その時、なにか大きなものに包まれたような、えもいわれぬ良い気持ちになるそうです。

そして、あたりを見渡すと一面の花畑。それは圧倒されるようなキレイな景色。
とぼとぼと歩いて行くと荒涼とした景色の中、川が見え、その手前に小屋が見える。

sanzunowatasi111.jpg

意識するともなく、六文(昔から六文と決まっている)を差し出して切符を受け取る。
切符を船頭にわたすように言われる。

向こう岸は現世ではない。彼岸である。


続きを読む
  1. 2010/02/02(火) 08:25:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0