ブエノス小僧のイラストブログ

興味があることを、ガサガサ、ゴソゴソ、画いたイラストといっしょに掲載します。

それはアピタ鳴海店の近くだった(信長夜話・その7)

天文21(1552)年 信長19歳。
信長が家督を継いで一ヶ月ほど、今まで織田方だった鳴海城主(家臣ではない)、山口左馬助教継(やまぐちさまのすけのりつぐ)が今川氏に通じ、今川の兵を入れた。

教継は「あの大うつけ(ばか者、信長のこと)ではあかん!」と思ったのでしょう。
鳴海城(なるみ)を息子の九郎二郎にまかせ、笠寺(名古屋市南区、名古屋では笠寺観音で有名。異説あり)に砦を築き今川の兵に守らせ、教継自身は中村[名古屋市南区呼続(よびつぎ)]の砦に入った。

この知らせを聞いた信長は4月17日に鳴海城に向かって出陣。その兵800ほど。小鳴海の三の山に陣を構えた。
敵に通じたものが出たら、即、攻めると信長は決めていたのでしょう。ほおっておくと伝染して、離反するものが続出して手がつけられなくなると思ったから。

有力者の多くが自分を侮っていること(うつけの評価と未知数ぶり)を信長は知っていた。
チャンスとみて敵対する連中をひとつづつ潰していくつもりだったのだろう。
形式的だった(と思われる)初陣とはちがい今度は真剣勝負、「赤塚の戦い」です。

akatuka42.jpg

山口勢は1500ほどが三の山から15町(約1.6km)先の赤塚に進出してきた。
信長も赤塚に兵を展開、両軍は衝突する。5、6間(9~10.8m)の距離で矢戦が行われた。

接近戦で矢を受けて落馬した者を両方から引っ張り合ったと信長公記にみえます。鉄砲はまだ装備されていなかったようですね。
巳の刻(午前10時)~午の刻(正午)まで2時間ほどの戦いで、信長方だけでも30人ほどが討死。生け捕りになった者や馬も多かった。

山口氏はこれまで織田方だったので顔見知りも多く、戦いが終わって馬や捕虜を交換したといわれています。結局、戦は勝敗がつかず両軍は兵を返した。
信長は「どうだ!オレに背いたらどうなるかわかったか!今日はこれぐらいにしといたるわ~!」と負け惜しみを言ったかもしれません。

↓捕虜を交換の場面

akatuka52.jpg

それにしても。鳴海城の九郎二郎もなかなかやりますね!
実戦経験が少ないころの信長とはいえ、信長相手に引き分けにもちこんだのですから。
実際、この戦の後の信長の戦ぶりを見るとそう思えるのです。

この赤塚というところはどのあたりだろう?と調べてみました。
名鉄鳴海駅と野並(のなみ・地下鉄の駅がある)の中間あたり、アピタ鳴海店(ユニー系スーパー)のそばだったようです。
九郎二郎の鳴海城は名鉄鳴海駅の近くの城跡公園がそれ。
鳴海駅のある緑区は今、名古屋市でもっとも地価上昇が激しいところです。

鳴海からもうすこし東に行くとあの桶狭間があります。このあたりが織田と今川の最前線だったのでしょう。
8年後、信長は桶狭間のぬかるみの中を走り回ることになる。

「信長方の戦死者が30人ほど]と信長公記は伝えています。負傷者は150人ぐらいいたのではないでしょうか?ボクの想像です。
「戦国時代、戦死者や負傷者には本人や家族に褒美(保障)が与えられた」という記事をなにかで読んだ覚えがあります。当然、信長もそうしたことでしょう。

残された家族に手厚い保障を与えなければ、兵のやる気は衰え、ついにはソッポをむかれてしまいます。自分の命をなげうって戦ってくれる者がいなければ戦は出来ません。

従軍する兵の多くは農民です(武士でも)。農民は生産者ですから亡くなると領地の生産能力が落ちることと保障の二重の負担になります。戦国大名は戦死者が出ることを危惧したといわれています。戦は金がかかった。

信長の財源は父、信秀の遺産や津島、熱田(港だった)などの運上金だったと思う。
父、信秀は金にもぬかりのない人で、時の朝廷に他の大名とは比べようのないぐらいの多額の献金をしています。もちろん下心あり。当時の朝廷は疲弊していた。

「この前、日置村の小熊が討ち死にしたそうだわ!そうしたらお屋方様からよう、ようけ(たくさんの)褒美をもらったらしいは、小熊の家も当分、楽が出来るわなあ!上総介様(信長)はなかなか気前が良いらしいでえ・・・」と領民がうわさ話をしたかもしれません。

戦国武大名は戦のことばかりがクローズアップされますが、
「たびたび戦争をする(せざるおえない)政治家」というのが正しいと思う。

山口親子のその後ですが、戦いでねじ伏せることができなかった信長は計略で親子を刑死させています。その計略にのせられて刑死させたのは駿河の巨人、今川義元でした。

武力で屈服させることが出来ないときは計略でと、信長は手を変え、ねばり強さ(しつこさ)を見せています。
このとき信長は19歳です。戦国大名として優秀な素質が垣間見えます。
恐るべきティーンエイジャー!




  1. 2010/09/28(火) 07:15:15|
  2. 信長夜話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

晋作=お稲荷さん?

takasugi11.jpg

幕末の長州の英雄、高杉晋作です。

いまや、幕末の大スターになった坂本龍馬に対抗できる一人でしょう。
「高杉晋作」(たかすぎしんさく)という名前も良いですね。
声に出してみるとさわやかな感じがします。

NHKテレビ「龍馬伝」では伊勢谷友介氏が演じています。
伊勢谷友介はNHKの期待の俳優なのでしょう。白洲次郎も演じています。

高杉晋作の活躍や人生については検索でお調べいただくとして、
初めて、高杉晋作の写真(あの写真)を見たとき、「意外な顔だな?」と思いました。
それまでのボクの想像と違っていたからです。

「狐だな!、高杉は狐だ!」とボクは思いました。
イラストはそんな思い出から「晋作=お稲荷さん」としました。
師匠、吉田松陰も肖像画を見ると狐っぽい。師弟そろってお稲荷さん?
(晋作や松陰ファンの方は怒らないように)。

長州藩には稲荷大明神の師弟がついていたので大ピンチをしのげたのかもしれませんね?
「動けば雷電の如く発すれば風雨の如し・・・」と晋作を知っている伊藤博文が評しています。
やっぱり晋作は・・・

「三千世界の鴉(からす)を殺し、主(ぬし)と添寝がしてみたい」は晋作の都々逸(どどいつ)だといわれています。
ボクは都々逸はわかりませんが、この都々逸は艶っぽくて良いなあと思う。
晋作は勇ましいところと艶っぽいところが同居している。
時代劇のヒーローの条件ですが、この部分では龍馬より上かもしれませんね?

ついでに、辞世「おもしろき こともなき世に おもしろく」は晋作が読み、
「すみなすものは心なりけり」と看病していた野村望東尼が下の句を読んだといわれています(異説あり)。
晋作は肺結核だった。享年27歳!若い!

やっぱり長生きすると人の心には残りにくい。
坂本龍馬、尾崎ゆたか、ジェームスディーン、晋作・・・早世しています。

もし晋作が長生きして明治政府の重役になっていたら、収賄で挫折していたように思います。
晋作は公金と私金の区別をつけなかった(つけられなかった)人だったようで、
動乱の時代が似合う人だったのでしょう。

俳優、伊勢谷友介は晋作より吉田松陰に近い顔だと思います。伊勢谷友介も狐っぽい。

狐顔か狸顔か?という乱暴なわけかたで幕末を見ると、
徳川慶喜、勝海舟、松平容保、近藤勇、坂本龍馬・・・は狐。
中岡慎太郎、水戸斉昭、木戸孝允(桂小五郎)、島津斉彬、河井継之助、川路聖謨・・・は狸顔だと思う。

若いときは痩せているので狐顔、贅肉がついてくると狸顔になってくるようです。

その中でも晋作はきわだって狐顔です。




  1. 2010/09/21(火) 07:02:09|
  2. 歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

父ちゃん(ジョーク)

chichioya12.jpg

少女 「お巡りさん、助けて!父ちゃんが男とけんかしているの!」

警官 「オーイ、やめろ!やめんか!・・・・それで、どっちが君のお父さん?」

少女 「わからない!それがけんかの原因なの」

警官 「・・・・」




  1. 2010/09/14(火) 06:53:18|
  2. ジョーク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不安(信長夜話・その6)

nobunaganofuan11.jpg

絶望感に包まれた19歳の上総介信長です。

絶望はなにかのキッカケで一瞬に心を支配してしまう。
そんなことが信長にもあったのではと想像しました。

19歳の信長は強い不安を感じていた。
それは父、信秀の死で表面化した。

信秀がいたから織田弾正忠家はなんとかまとまっていた。
信秀が亡くなって、重臣、家臣のみならず、兄弟や親戚も油断ならない。
実際、この後、兄弟と争うことになる。

ただ、それは信長だけでなく、他の戦国大名も似たようなことをやっています。
戦国時代は、まず家中の権力闘争に勝利する必要があったのでしょう。

なんとか家中の闘争に勝ったとしても、駿河(静岡県)の今川、美濃(岐阜県南部)の斉藤氏などの強力な隣国があり、その向こうには浅井、六角、朝倉、武田、北条と、果てしない。

織田家は尾張一国(愛知県西部)も掌握していない一戦国大名だった。
当時の信長の希望は、領地に住む次男や三男、四男などに信長自身が声をかけて作ろうとしている親衛隊(馬周り)、信長に先行投資をする一握りの商人(豪農も)などではなかったか。

まともに考えたら絶望感に包まれても不思議ではないとボクは思う。

駿河の今川義元は桶狭間で信長に敗れたため、戦国武将らしくない貴族趣味に溺れた男として、悪意をもって描かれることが多いですが、史実から想像される義元は戦国大名として優秀(政策、軍事も)でした。
今から見ると、この時期の最強の大名と言えるかもしれません。
信長ですら、義元の政策を真似たといわれています。

このときの美濃の斉藤氏はあの道三です。守護大名、土岐氏の美濃を道三の父と親子2代で乗っ取りました。
諜略にも長けた油断ならない男です。信長の父、織田信秀も手ひどい負け戦を味わっています。
美濃は戦上手だった。

織田家の重臣、平手政秀の仲介で信長は道三の娘「帰蝶」と婚姻を結んでいますが、自分の利益になるとみれば、婚姻を破棄して尾張に攻めいったことでしょう。そんなことは当たり前だった。

ちょっと脱線しますが、この婚姻を画策したことも政秀に信長は不快感をつのらせたのではないでしょうか?
守役をいいことに、なにかと世話を焼き、自分の存在感を示す平手にいぶかしさを感じていた。
世話をやくことと下心ありの画策とは紙の表裏だったのでは?

信長は頭も良いし(勉強が出来るということではない)度胸もあるから、「オレならなんとかなる」と思ったかもしれないが、頭が良いから今の自分の状況がよくわかるということでもある。
イラストのように絶望に包まれることもあったのでは・・・?

今回は「信長公記」をはずれて、ボクの想像で書きました。



  1. 2010/09/07(火) 07:24:18|
  2. 信長夜話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0