ブエノス小僧のイラストブログ

興味があることを、ガサガサ、ゴソゴソ、画いたイラストといっしょに掲載します。

木を画く練習をする

NHK第一ラジオの午前中の番組『すっぴん』が良い。

テリー伊藤が出ている『スッキリ』ではない。ややこしい!
(『スッキリ』は日本テレビの朝の番組)

メインキャスター(アナウンサー)の藤井綾子が良い。
自然な感じがするのだ。


テレビを見ていると、それほど可笑しくないところでも、アナウンサーやタレント(芸人)が大げさに笑ったりする。
意識が高揚しているのか?目立つためなのか?番組を盛り上げるためなのか?
つきあいなのか?内輪受けなのか?「面白いところだよ」という見る人への合図なのか?・・・

おそらく、どれもなのだろう。

それほど可笑しくなくても、大げさに笑わなければいけないようにみえる。
それは、テレビを見ている人に判るように思う。

アナウンサーも芸人もタレントも、カメラの前では演技をしているのだろう。
素なら、あんなに笑わないように思うのだが・・・


話を戻す。
藤井綾子アナも、「キャハハハハ…!」とよく笑う。
計算があるのかもしれないが、演技感が少ないように思う。
自然な感じがするのだ。
そう感じさせることが藤井綾子アナの目論見だとすれば、大した役者ということになるが、

藤井綾子アナはバツイチだというから、そんなに若くはないはずだが、
話し方や笑い声に、ちょっと女学生を感じさせるところがある。

ボクは藤井綾子アナの顔を知らない(思い出せない)。知らないほうが想像をかきたててくれる。
ラジオの良いところだ。

知らなくて良いと思っている。
いつか、知ることがあって、「あっ、この人か・・・」というのも良いではないか。

『すっぴん』では曜日ごとに相手が変わる。
そのなかでは高橋源一郎が良い。

作家で大学で講義もするというが、
若いときに拘置所に入れられたことがあり、なんとバツ4だ!
以前に、ゲストの六角 精児とのギャンブル話がスリリングだった。



peachtree11.jpg

話は変わる(いつものことだが)
都合があって、久しぶりに木を画く練習をしている。
木をそれらしく画くのはそう簡単ではない。

他は簡単なのか?と言われれば、他も簡単ではないが、
一枚一枚の葉を画くわけにはいかないから、適度に省略する必要がある。
(一枚一枚の葉を画く絵もありだと思うが、また別の話になる)

枝を画いていると、思わず規則的になってしまって不自然になったりする。
よく観察しなくてはいけないのだが、疲れる。

茂った葉などは絵具のほうが画きやすいが、後片付けがめんどくさい。
そんなわけで、上のイラストは練習の1枚。


しばらく絵を画かないでいて、絵を画こうとすると、
気持ちが絵を画く状態になっていないときがある。
それでも、絵を画くと、固い絵になる(ボクは)。納得がいかない。

おそらく、ウマく画こう、「ウマいね」などと言われたい、という思いがあるからだと思う。
ウマく画こうとするとウマく画けないわけだ。
ボクの絵の出来は多分に気持ちに左右される。

下絵を画く場合、下絵のほうが良いときが多々ある。
「下絵だから・・・」という気楽さが良いのだろう、
ノビノビしているし、人の表情なんかも下絵のほうが良い場合が多い。

そんなとき、ボクは暖気運転をする。

得意なネタを数枚、鉛筆で画いてみる(失敗でいいから)。
そうすると、なぜか気持ちが楽になって軽くなってくる。
よく言う、肩の力がぬける感じがするのだ。

ところで、
このブログでは、記事に関連したイラストを掲載しているが、
関連してなくても良いような気がしている。







  1. 2014/10/21(火) 07:18:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0