ブエノス小僧のイラストブログ

興味があることを、ガサガサ、ゴソゴソ、画いたイラストといっしょに掲載します。

酒井順子を読む

本を読むのが日々の楽しみの何割かを占めている。
小説はあまり読まない。
歴史書(硬派の)かエッセーが多い。

NHK教育TV、日曜9時からの「日曜美術館」の直前に5分程度流れるエッセーに興味をもった(今は違う人になっている)。
ヘタウマ系のイラストにも好感をもった(ハンサムや美人は登場しない。鼻の穴が画いてあるのが良い)。

人生を切り取ったようなエッセー。
死期を悟った飼い猫の描写にひきつけられた。
調べてみると「佐野洋子」だった。
絵本作家、エッセイストだ。すでに亡くなっている。

さっそく佐野洋子の本(『がんばりません』新潮文庫¥476+税 )と、
ついでに、酒井順子の本(『容姿の時代』幻冬舎文庫¥495+税)を買ってみた。

思えば、ボクが読む本の書き手のほとんどは男。
「趣向を変えて、女の書き手のものを読むのもいいか」と思った。

ボクは数冊を平行して読む習慣がある。
今回も平行して読み始めた。
どちらも面白いが、途中から酒井順子に傾いていった。シックリきた。
佐野洋子はちょっと休憩、。


dance.jpg
《 今回の話題とはまったく関係がない。

こんなダンスがサマになる人をあまり見ない。

懐かしい曲が流れる、妻の手をとる。
ちょっと戸惑って・・・。
歳をとった二人というのがカッコイイ!

骨ばった手、肉の落ちた背、
「でも、この人、カッコよかったんだから、ウフ!」

いろいろあった、いわば戦友同士のような夫婦のダンス。
ダンスに人生がある。》




酒井順子が面白いとわかると、ゴッソリ買ってきた。

『ほのエロ日記』角川文庫¥514+税
『女の仕事自慢』角川文庫¥495+税
『ズルい言葉』角川春樹事務所¥571+税
『先達の御意見』文春文庫¥438+税
『ニョタイミダス』新潮文庫¥476+税
『結婚疲労宴』講談社文庫¥448+税
『負け犬の遠吠え』講談社文庫¥571+税
『その人独身?』講談社文庫¥590+税

を一機に買った(買い方はあまり関心しない)。


『ほのエロ日記』と『女の仕事自慢』を寝転んで読み倒した(ボクは寝転ぶのが好き)。
今、『ズルい言葉』『先達の御意見』を寝転んで読んでいる。
『ズルい言葉』は彼女の他の本と比べると、切れ味が悪い。気が乗らないときに書いたのでは?
タイトルに期待したのだが・・・・

『負け犬の遠吠え』は彼女の代表作のようだ(話題になったらしい)。

酒井順子はバブル期の80年代後半に女子大生(東京生まれ、育ちが良さそうだ)。
結婚したいけど結婚していない。
そのズレをテコにした、鋭い観察眼。
掘り下げ方のうまさ、下ネタの好きなところ、上品な文章だがときどき吐く毒が気持ちいい!
毒が多いほど面白い!

「女はそういうところを見ているのか?」「なるほど、そういう悩みもあるな…」と新鮮。
おっさんのボクが読んでも面白いのだから、女なら、自分に引き付けて読めるから、もっと面白いだろうなぁ・・・

「高校生の時からエッセーを書き続けてこられたのは伊達じゃない」と、誰だったか?後書きで書いていた。
読まれなければ(売れなければ)物書きは個人商店みたいなものなのだから、続きはしない。

絵でもそうだが、
内容よりも話題性が先行する。

無名の作家の魅力的な絵よりも、有名な歌手の絵のほうが売れるのは、よくあること。
本もタレントの本のほうがが売りやすい(売れる)のは、同じ理屈だろう。
どこの馬の骨かわからない人の本などに、興味がいかないのだ。

酒井順子の本には他にも、『快楽は重箱のスミに』『たのしい・わるくち』など魅力的なタイトルの本がある。

「酒井順子ーっ!おもしれぇのを書いてくれーっ!また買うぞーっ!」
ボクからのエール。









  1. 2015/10/27(火) 18:29:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

怖わ~!

9月、ひさびさに雨があがった。
ほったらかしの垣根(山茶花)をすこしは散髪してやろうと思った。

チョキチョキやりはじめたら、羽音がした。
ギョギョギョッ!蜂がどこからともなく現れた。スズメ蜂だ。危ねっ!

ただちに家のなかに避難。
「森で出会ったら熊よりコワイ!」と言われるスズメ蜂。地上最大の蜂(大スズメ蜂)。
巣を脅かす輩と判断すると躊躇なく攻撃を開始するという。

しばらくして、息をひそめて見に行った。スズメ蜂が現れた近くに巣があるかもしれないから。
すると、どこからともなく蜂が現れ垣根の枝葉のなかに姿を消した。
さらに、別の蜂が飛んできて枝葉のなかに入っていく。

注意しながら、ソッと垣根を覗く。下からも覗く。
あった!枝や葉っぱが入り組んだ中に。注意して見ないとわからない。
くすんだ茶色のマダラ模様の球形、ソフトボールとバレーボールの真ん中ぐらいだ。

巣の丸い穴から、せわしなく蜂が出たり入ったりしている。
大スズメ蜂だと思っていたが、すこし小さい黄色スズメ蜂だ。
怖がっているから大きく見える。
大スズメ蜂ではなかったが、黄色スズメ蜂は攻撃性が旺盛だという。

チョキチョキした振動に反応して蜂が飛び出してきたのだろう。
「どどどうしよう?コワイなぁぁぁ」 おじさんでも怖いものは怖い!
でも、ほおっておけば巣はドンドン大きくなっていくだろう。

役所に電話して駆除をたのもうか?それが安全作だが?・・・


suzumebachi32.jpg

インターネットで検索(こういうときは頼りになる)。
これは良さそうだと思うサイトが見つかった。巣の駆除方法を解説している。
ボクは自分ひとりで巣の駆除を決死の決意をした(怖わ~!もう!)。

その方法だが、
水鉄砲(できれば5mぐらいの射程距離があって。精度が高いのが良い)と殺虫剤(水で薄める)を用意する。
今回はスミチオン(ホームセンターで売っている。ひと瓶¥400程度だったと思う)。
水鉄砲に水で薄めた殺虫剤を入れ、3~4mぐらいの距離から巣の穴をねらう、という作戦だ。

市販のスプレー式殺虫剤は50cmぐらいまで接近して噴射する必要があるし割高。
なんといっても巣に近づきたくない。

黄色スズメ蜂の巣には丸い出入り口(ひとつのようだ)がある。
そこから巣のなかに殺虫剤を入れることができれば効果は大きいと思う。
今回の巣の入口はこちら側にある。

蜂は巣が濡れると、それを吸い取って乾かすという。
この場合、濡れるのは殺虫剤だから結果は分りますよね・・・


それでは、ブエノス小僧(ボク)と黄色スズメ蜂との決闘を時間を追って書く。

<1日目>
100円ショップへ水鉄砲を買いに行く。9月だが、まだ店頭にあった。
性能がわからないし、どれが目的に合うのかわからないので3種類を買う。
スミチオン(殺虫剤、すなわち毒薬)をホームセンターで買う。

メガネ、マスク、手袋、は手持ちのものを流用。
殺虫剤は当然だが、体に良くない。
目や口に入れてはいけない。触れるのも良くないだろう。

虫刺され薬を薬局で買う(もし刺されたらの用意)
よくテレビで対蜂用の服やヘルメットを見るが、高いからやめた(金がない)。


<2日目>
買ってきた水鉄砲に水を入れて、射程やら精度を確かめる(練習にもなる)。
水で薄めたスミチオン(米のとぎ汁みたい)を水鉄砲の後ろの蓋から入れる(ビニールの手袋着用)。

準備完了、今一度、蜂に気をつけながら巣を観察する。穴の角度などを確認する。
スズメ蜂が3匹ほど巣の回りにいる。警戒中なんだろう。怖わ~!

メガネやマスクを装着して、「いざ!」
窓から狙えそうなので、ガラスの掃き出し窓をすこし開け、腕を伸ばして狙う。
息を止めて水鉄砲の引き金(プラスティックだが)を引く。
スグにガラス窓を閉める。

異常を感じてワワワーっと蜂が巣の穴から一斉に出てくる。
緊張しているので閉めるのにもたつく。慌てた。怖わ~!。
窓の外を何匹もの黄色スズメ蜂が飛び回っている。

ガラス窓にもぶつかってくる(怒っとるぞ、怖わ~!)。
「この野郎だな!」とボクを視認している。おそらく。怖わ~!

巣の穴付近に着弾?(着液)したように見えるが、プラスティックのメガネ越しなのでよくわからない。

部屋のなかに蜂は入ってきてはいないようだ。
部屋の中に侵入を許したらエラいことになる。
喉カラカラ!

しばらく、その場を離れる。

30分ぐらいたっただろうか、蜂の巣をガラス窓越しに見にいく。
飛び回っていた蜂が少ないように思う。

さらに30分後、同じように蜂の巣を見る。
ガラス窓越しの視界内に蜂がいない。

効果があったかも?
ガラス窓をすこし開けて、もう一度、水鉄砲で巣穴を狙う、「発射!」
スグにガラス窓を閉める。
すると、視界内にはいなかったのに、蜂が4~5匹集まってきた。怖わ~!

さらに、2時間後、
蜂が飛んでいない。
水鉄砲の命中精度は高くない。もっと巣穴に接近して薬液を注入したい。
チャンスかもしれない。

蜂が飛んでいないのを確かめる。
もし蜂が飛んできたら、スグに部屋へ身を引いて窓を閉めるのを頭のなかで反芻する。

ガラスの掃き出し窓を開け、今度は一歩踏み出して巣穴近くから発射。
スグにガラス窓を閉める。
同じことを2~3回繰り返した。

今度は薬液が巣穴に注入出来たように思う。
今日はここまで。


<3日目>
蜂の巣をガラス窓越しに見にいく。
蜂が飛んでいない。成虫は巣を放棄したのだろうか?

ガラスの掃き出し窓を開け、一歩踏み出して巣穴を観察する。
成虫はいないようだ。

今のうちだ!枝ごと切り落とす。巣は地に落ちた。
まずは、ひと段落だ。ホッとする。
こうなっては巣は見放されるだろう。

巣のなかはどうなっているのだろう?
木の棒でつっついてみる。
サクッとしたもろい感触、。
巣の外壁を壊すと、白い卵?(幼虫?)が見える。

その時!1匹の成虫が巣のなかから、こちらをめがけて飛び出してきた!
ウワワーッ!
思わず体の前で腕を振り回す(普通、スズメ蜂にこれをやってはいけないという。今回は緊急。)。
部屋へ倒れこむ。、窓を閉める。

飛び出してきた蜂の姿は、もうなかった。
「てめぇだな!この野郎!」と向かってきたように思う。
フ~ッ!怖わ~!
あわや!というところだった。運よく刺されることはなかった。


<5日目>
一日おいて、蜂の巣がどうなったか、見に行く。
蜂が戻ってくる可能性があるので、時間をおくことが必要だ。
巣のなかが薬液に濡れていた。幼虫や卵は死滅するのだろう。

やれやれ。終わった。


ぼんやりと巣を見ていたら、スズメ蜂が飛んできた。
ビックリして、すぐに部屋へ退避!窓越しにスズメ蜂を見る。

ボクは息をのんだ!ゴクリ!
なんと、枝ごと切り落とした蜂の巣のむこう側に、もうひとつ別の黄色スズメ蜂の巣があるのだ。
それは同じぐらいの大きさだった。
巣のまわりを2~3匹の蜂がはいまわっている。
ガ~~~ン!

今度は入口が見えない。向こう側にあるようだ。
どうする・・・もう ・・・。


<ご注意>
安全第一なら、役所などに駆除を問い合わせたほうが良いかもしれない。











  1. 2015/10/09(金) 07:16:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0