ブエノス小僧のイラストブログ

興味があることを、ガサガサ、ゴソゴソ、画いたイラストといっしょに掲載します。

幻(その一)

「サマルカンドへ行ってきたよ」
千種駅近くのスターバックスで、友人が話はじめた。
どうりで最近、連絡がなかったわけだ。

サマルカンドといえば、かつてのシルクロードの要衝。
13世紀、モンゴル軍の攻撃を受け壊滅した、というのがボクのサマルカンドについての知識のほとんどだ。

友人は旅行が趣味だ。
定番の旅行先には飽きてしまって、普通は行かないようなところへ行くようになった。
おかげで、ボクは見知らぬ土地の話を楽しませてもらっているのだが・・・


彼は、そこでマジックを見た。
それがスゴかったという。

それはサマルカンドの町はずれだった。
「ウルマス・カジンカジン」という若いマジシャン。
東洋系の端正な顔だちだった。

マジシャンの後ろには大きな木が葉を茂らせていた。
その大きな木を消してみせるという。
夕暮れ時、その木は黒いシルエットになっていた。
暗さが増してきた。

「さあ!」と男はパン!と手を打った。
すると、後ろの大きな木のシルエットの黒が、すこし薄くなったような気がした。

間をおいて、もう一度、男は手を打った。
木のシルエットはさらに薄くなって、後ろの景色が透けて見えた。
人々は息をのんだ。

かすかに笑みをうかべると、男はもう一度、手を打った。

その大きな木は消えていた。
「おおーっ!」という驚きの声が原っぱにひろがった。

こんな話だった。


ボクは友人と別れて駅で電車を待っていた。
ウルマス・カジンカジン?
その名前をどこかで聞いたような気がした・・・・



「どうだ、酒の味は?」
「お前は酒が好きだときいておるが、どれほど飲むことができるのか?」
惟任日向守(明智光秀)は老人に声をかけた。

「・・・どれほど酒を飲むことができるのかは、計ったこともないので判りませぬ。
酔いがまわれば、飲むのをやめるばかりでございます・・・」
粗末な衣をまとった老人が答えた。

光秀はこの老人の噂をきいたことがあった。果心居士(かしんこじ)といった。

光秀は主君、織田信長を本能寺に襲殺したばかり、
大名や寺社、朝廷などの抱え込みに忙しい日々だった。

そんなおり、家臣が果心居士を下賀茂近くで見たという。
果心居士といえば、信長、松永久秀、三好長慶、・・・などにも目通りしていた。
一様に果心居士の技に驚いた、と光秀は耳にしていた。
興味があった。

光秀は果心居士を探し出し連れてくるように命じた。
そして、「丁重に饗応するように」とも付け加えた。


mituhideutage11.jpg


光秀の御前で、果心居士(かしんこじ)は大杯で、たて続けに酒をグビグビと喉を鳴らして飲んだ。
15杯ほどを飲んだ。
光秀や居並ぶ家臣たちは見事な飲みっぷりに驚いた。

「遠慮は無用ぞ、心いくまで飲むがよい!」と光秀。
老人は「ふ~~っ、いささか満足つかまつった。すこし酔いもうした。」

「ご厚意のお礼に、すこしくわしの技をお見せいたそう・・・」
「・・・さて、あの屏風をご覧くだされ。」
というと老人は屏風に手を上げた。

byoubutote13.jpg


その屏風には、遠くの山々を背景に静かな湖面が描かれていた。
湿った大気を感じさせる絵だった。

絵のはるか湖上には漁師の船が小さく描かれていた。それがかすかだが動いたように感じた。
一同は屏風絵を凝視した。

odorokusamurai22.jpg


その小船は確かに動いている。すべるように絵のなかを移動しているのがわかった。
「うぅ!」「えぇ!」と一同は目を見開いた。

船は船首をこちらに向けた。近づいてくる。
漁師の竿さす様がみえる。

byoubukurufune12.jpg

さらに船は近ずいてくる。
今まで静かだった湖面(屏風絵の)が波立ってきた。

小舟がすぐそこに見えるまで近づいてきた。

すると湖面が盛り上がるように、屏風から水があふれ出してきた。

水はあっという間に膝が浸かるほどまでになった。

さらに水は増え続け、腰のあたりまでになった。

あふれ出る水とともに漁師の船が屏風絵から漕ぎ出てきた。

byoubufunederu12.jpg


次回、「幻(その二)」に続く。







  1. 2016/07/26(火) 07:35:46|
  2. 怪物と怪し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風呂読書

やってきたぞ、暑い夏。
昨日の名古屋の最高気温34度(今日も34度の予報)。
この気温は芝生の上の百葉箱のなかの数字だろう。
場所によってはもっと高いだろう。

28度あたりで推移していた気温が、一気に34度。
午前11時ごろ、「ドッ」という音がした、暑さの音。


ということで、

ボクは「体は温めたほうが良い(冷やしてはいけない)」と思っている。
体を温めるのに「ぬるい湯に長くつかる」がある。
ところが、ボクはこれが苦手だ。

長くても湯に10分とつかれない。
いつもは、5分がせいぜい。カラスの行水型なのだ。
出来れば、20分ぐらい湯につかっていられないものか、

それには、やっぱり「湯につかりながらの読書」だと思った。

前から「湯につかりながらの読書」をやってみたい、と思っていた。
でも、湿気で本はシワシワ、ベタベタになってしまうしなぁ?

かつて、映画で泡だらけの湯に浸かる女優に男は欲情していた(かわいいもんだった)。
女優はターバンのようにタオルを頭に巻き付け、ファッション誌などを手にしていた。

そんな入浴シーン、本がシワシワになったりしないのか?どうなっているのだろう?


そこで「湯に浸かりながらの読書」で調べてみた。

①防水装備の電子ブックリーダーをもち込む。(¥6000ぐらいからあるらしい)
テレビや端末をもちこむというのもある。もちろん防水装備をして。

②捨ててしまっても良い本をもちこむ。
③ブックオフの108円本をもちこむ。
濡れた手で本をさわろうが、シワシワになろうが、かまわない。

④シワシワになった本は冷蔵庫(冷凍庫だったかな?)に入れる。
おそらく、冷蔵庫内は乾燥しているからシワが戻るということなのだろう。

⑤食品用冷凍保存パックのなかに入れる。(¥100ショップで売っている)
このとき消しゴムをなかに入れる。
パックの外からページをめくるときに消しゴムの摩擦力を利用するのだろう?

⑥風呂での読書用の透明な袋(市販されている)をもちこむ。

などの方法があるようだ。

furodokusyo25.jpg



ボクは金がないので、⑤の「食品用冷凍保存パック」でやってみることにした。

¥100ショップでLサイズの保存パックを買ってきた。

乾いたタオル、プラスティックのコップに水、冷凍保存パックに入れた文庫本、を用意。
これを浴室のドア近くに、

まず、なにももたず風呂に入って体を洗う。

洗い終わったら、浴室のドア近くに用意しておいた、乾いたタオル、コップ、パックに入れた文庫本を湯船のフタの上にそろえる

湯に浸かる。湯の温度は38度に設定、ぬる湯だ。

フタの上のタオルで手をシッカリ拭きパックに入れた文庫本を読む。
パック越しだから、すこし見にくい。

パックに入れておいた消しゴムでページをめくってみたが、うまくいかない。

消しゴムはあきらめ、ジップを開けて手をパックにつっこみ、指でページをめくる。
Lサイズの保存パックにしてよかった。

1章が12ページほどの文章量を3章。36ページほどを読む。これで15分~20分。


5回ほどやった。
はじめは、あまり汗をかかなかったが、徐々に汗をかくようになってきた。
体が反応し始めたのだと思う。
汗がベタついた感じがする。体内の老廃物が出ているような気がする。

パックのなかでページをめくるには、パックの大きさに余裕がいる。
文庫本でも冷凍保存パックのサイズはLサイズが良い。
¥100ショップで買ってきたパックは、幅27cm、深さ28cm、厚み0.07mm、のファスナー付き、10枚入り。

パックのファスナーを閉めるときに、すこし開けておく。空気を抜くため。
パックの表面と本のページが離れると見にくくなるから、
すこし開けるぐらいなら本はシワシワにならない。


酒井順子先生(ボクのお気に入り。最近は先生とお呼びしている。)のエッセーをもちこんだ。
重い内容の本は読みたくない。
今回も順子先生の「つぶ餡とこし餡の内戦」を楽しく読んだ。
ちなみに、順子先生は「こし餡派」ボクは「つぶ餡派」だ(断固!)。

湯船のフタに肘をのせて本をもつ姿勢になるのだが、すこし高い。チョット疲れる。

このように「湯に浸かりながらの読書」は面倒くさい。でもチョット楽しい。
その楽しさは列車の座席で食べる駅弁に似ているな、と思う。

前の座席の背もたれにある小さなテーブルを開いて食べる駅弁。
在来線の特急以下なら、窓枠の上にお茶やビールを置いた。
小さなテーブルすらない。
自分の膝の上がテーブルだ。

そんな不自由さが楽しい。
不自由はときに楽しいのだ。


友人とお茶をしたときに、今回の「湯に浸かりながらの読書」のいきさつを話した。
ボクがひと通り話終えると
「それなら、湯に浸かりながらストレッチやマッサージ、つぼ押し、をやったらどうだ?
呼吸といっしょにゆっくりやるのがコツだから、15~20分ぐらいスグだ。」と友人。

なるほど、それも良いなぁ!




↑(注)端末の防水ケースです。端末本体ではありません。



  1. 2016/07/05(火) 07:12:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0