ブエノス小僧のイラストブログ

興味があることを、ガサガサ、ゴソゴソ、画いたイラストといっしょに掲載します。

海へ行くなら秋がいい

秋が好きだ。
秋になったら海へ行く。
「季節はずれの海」が良い。

ぼんやりと海をながめる。

「海といえば夏」というのが常識なのだろうが、
夏の海は、渋滞、喧騒、ドカッと容赦なしの日差し、ベタベタにザラザラ、
若いときはそれも苦にならなかったが、今のボクは苦手だ。

hamabe214.jpg
<波打ち際に何かを画きたくなる気持ちを、ぐっとおさえた。>


秋の海が好きだ。
渋滞していた海辺の道に、地元の人たちが目につくようになる。
干物が干してある。網が干してある。

今年の9月、 雨、雨、雨、そして雨。
雨は嫌いではないが、いくらなんでも多すぎる。
海へ行くスキを与えてくれない。


「山好き人」と「海好き人」に分けるととしたら、ボクは「海好き人」だ。
一時、「海より山かな?」と思った。上に書いたのが理由。
でも海派に戻った。

ボクの好きなエッセイスト、酒井順子先生(最近は先生とお呼びしている)は山派だった。
ラジオで聞いた。
理由も話されていたと思うが覚えていない。


ずいぶん前に夢想した。
海岸に家を建てる。ガラス窓のある部屋のドアは木製の小さな桟橋に続いている。
桟橋には小さなボートがもやってある。

おそらく、そんな家は津波がきたら、ひとたまりもないだろう。
津波がこなくても、台風が接近するたびに心細い思いをしなくてはならない。
実現しなくてよかった、と今は思う。


ボクの住む愛知県には二つの半島がある。知多半島と渥美半島だ。
半島の先あたりの中古住宅に住むのも良いなあ、と再び思う(思うのは自由)。
津波からのがれるため海面から20m以上の高みの家。

「窓から海が一望」などという贅沢は言わないが、すこしでもいいから海が見えるのが良いな。
ダラダラとした坂道を歩いて下ると10~15分で海に出る、なんて良いな。

でも、海辺の家は塩害もあって大変だろうな。クルマにはすぐに錆がくるかもしれない。

時間をみつけ、晴れ間をみつけ、海をながめにいくくらいが良いのかもしれない。


<追記>
夏の前、「杉本美術館」へ行った。画家、杉本健吉の作品が展示されている。
(〒470-3232 愛知県知多郡美浜町美浜緑苑一丁目12番1号TEL 0569-88-5171)

それは知多半島の上野間ちかくの小高い場所にあった。
美術館から、名鉄(名古屋鉄道)の線路のむこうに光り輝く海が見えた。








  1. 2016/09/27(火) 06:46:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

罰(ジョーク)

和夫は別れを切り出した。

「もういい、あのバカ女のところへ行け、ゲスのスケベ野郎。地獄に落ちろ!」
女は和夫の背中に毒づいた。

和夫は地獄に落ちた。

和夫「うへーっ釜茹地獄、全身やけどで真っ赤だ。ひでーっ!」
「あの針の山を登らされているのは、同級生だった西野だ!」
「あいつは、いじめやカツアゲをよくやっていたからなぁ、しかたねえか。
それにしても痛そう!針が足を貫いちゃってるよ。」

batsu23.jpg


すると鬼が、「お前はどの地獄が希望だ?」

和夫「ちょっと待って。あそこで色っぽいオネエちゃんと抱きあっているおっさんがいるぞ?」
「2年前にくたばった因業オヤジの権田だ。オネエちゃんは高校のマリ子先生じゃねえか。」
「権田のヤツ、いいことしてやがって、オレもあれにしてくれ!」

鬼「ん?、あれはだな、マリ子がバツをうけているんだ。 」
和夫「・・・・」








  1. 2016/09/06(火) 07:13:22|
  2. ジョーク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0