ブエノス小僧のイラストブログ

興味があることを、ガサガサ、ゴソゴソ、画いたイラストといっしょに掲載します。

六条合戦(信長夜話・その58)

今日は12月25日、クリスマスイブはいかがでしたか?
ボクは鮭の鍋に熱燗でしたが、

寒波が押し寄せている。とても寒いですね!
443年前も、そんな寒い冬だった・・・


織田信長は上洛を果たし、足利義昭を室町幕府15代将軍に就け、岐阜へ帰還した。
上首尾の永禄11年だったことだろう。

しかし、年が明けて、永禄12年1月4日(1569年1月30日)三好三人衆(三好長逸・三好政康・岩成友通)は堺で軍勢を整えると、京に進み、義昭の仮御所、本圀寺(ほんこくじ)を取り囲んだ。
信長が岐阜に帰っていることを狙って押し寄せたのだ。

honkokuji23.jpg
《イラストは本圀寺を包囲する三好勢。三好勢の突入にそなえる明智光秀以下の本圀寺の警護部隊とした。手前が本圀寺境内。
突入にそなえて鉄砲隊を配置している。
冬まっただ中、西日本までシベリヤ寒気団に覆われ、とても寒い天候だった。雪が舞っただろう。(京は夏は暑く、冬寒い)》



義昭側の兵力は奉公衆と明智光秀を中心とする近江、若狭の国衆だったといわれている。2~3千という説がある。
かたや、寄せ手の三好三人衆の兵力は、書きしるしたものが見つからないが、総勢1万(不確か)は下らなかったのではないだろうか?

劣勢の義昭側は本圀寺に立て籠もる。しかし、本圀寺は所詮、寺である。軍事施設ではない。陥落は時間の問題と思われた。
しかし、本圀寺の警護部隊は奮戦する。

honkokujinohen13.jpg
《本圀寺の警護部隊の山県源内の奮戦とした。敵将、薬師寺の旗本へ突入して敵勢を切り崩したといわれる。
イラストは山県源内を単独のように画いたが、実際は乱戦のなかでの活躍だったのだろう。
山県源内は激闘ののち討死する。
山県源内の肖像画は見当たりません。よってボクのデッチあげ。
イラストのように刀で鎧武者は切れないのでは?と思う。》



『信長公記』には・・・
「三好三人衆は畿内を流浪していた斎藤右兵衛太輔龍興・長井道利主従ら南方の諸浪人を糾合し、薬師寺九郎左衛門を先懸けに公方様御座所の六条本圀寺に攻め寄せた。
門前はまたたく間に焼き払われて寺は重囲のただ中に落ち、敵が寺内へ突入してくるのも間近と思われた。

このとき寺内にあって公方様(義昭)を警護していたのは、細川典厩藤賢・織田左近・野村越中・赤座七郎右衛門・津田左馬丞・坂井与右衛門・明智十兵衛光秀・森弥五八・山県源内・宇野弥七らであった。

このうち若狭衆の山県・宇野は隠れなき勇士と名高く、そろって敵将薬師寺の旗本勢へ突入し、並居る敵勢を切り崩して激闘した。
しかし次々と押し寄せる敵兵の前にやがて力尽き、両名とも槍下にて討死した。

他の御所勢も奮戦し、敵が突入してくればその都度これを押し返し、なかには敵勢三十騎を一度に射倒して敵が算を乱す場面も見られた。三好勢は攻めあぐねた。」(『信長公記』現代語訳)


寄せ手のなかには、かつて、信長に美濃を追われた前の美濃領主、斎藤龍興が参戦している。

結局この日は、警護部隊の活躍もあって本圀寺は陥落せず、日暮れとなったため、三好勢は兵を収めて翌日の戦闘に備えた。

katuragawa13.jpg
《桂川近くでの三好勢とぶつかる畿内から駆けつけた救援軍とした。
手前、鉄砲隊が救援軍。》



ふたたび『信長公記』から・・・
「そのような中、三好左京大夫義継(三好長慶の甥。このときは三好三人衆と対立していた。ややこしい)・細川兵部大輔藤孝・池田筑後守勝正・池田清貧・伊丹衆・荒木衆らの援軍がようやく到着し、桂川河畔で三好勢とぶつかった。

戦は黒煙うずまく激戦となったが、救援軍は三好三人衆側の高安権頭ら敵方の大将を次々と討ち取って勝利を得、三好勢の撃退に成功した。
 戦の後、救援軍は岐阜の信長公のもとへ急使を送って変事出来を知らせた。」(『信長公記』現代語訳)


救援に駆けつけた「池田筑後守勝正・池田清貧・伊丹衆・荒木衆」とは信長上洛後に配下になった畿内の有力国衆だ。
「戦は黒煙うずまく激戦となった」と『信長公記』にあるが、民家に放火でもしたのだろうか?
この後、三好勢は阿波(徳島)に退却したという。

それを追って救援軍は堺にせまり、今回、三好勢に肩入れした堺を糾弾した。<「続けて堺のことや堺(信長夜話・その56)」>を参照してください。

この事件(戦)を「本圀寺の変」と呼ぶ。「六条合戦」とも呼ばれている。
(ボクは「六条合戦」のほうが良いと思う。)
後の「本能寺の変」を思わせる(顔ぶれのなかに明智光秀がいる)。

この「六条合戦」(「本圀寺の変」)は、普通、経過をふれることがありませんが、
ドラマティックだとボクは思う。


信長は救援軍からの知らせをうけ、岐阜城でこの事態を知る。
この日は、グっと冷え込んでいた。
「誰かある!」
「ははっ!○△□、これに!」
「馬ひけーっ!」
おりからの雪(おそらく)。信長は京に向けて脱兎のごとく岐阜城を飛び出す。

次回の「信長夜話」はそのあたりを書きたく思っています。

今年はこれが最後の投稿です(今年も暮れる!)。
<ブエノス小僧のイラストブログ>をご覧いただき、ありがとうございました。
良いお年を・・・



(注)<私訳「信長公記」>から引用した箇所があります。
http://home.att.ne.jp/sky/kakiti/shisaku.html








  1. 2012/12/25(火) 07:17:52|
  2. 信長夜話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<急ぎ京へ!(信長夜話・その59) | ホーム | 五番に省略(信長夜話・その57)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://buenoskozo.blog72.fc2.com/tb.php/183-d863d411
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)