ブエノス小僧のイラストブログ

興味があることを、ガサガサ、ゴソゴソ、画いたイラストといっしょに掲載します。

帽子だけをとった(信長夜話・その61)

足利義昭は将軍に就任した。
1569年(永禄12年)六条本圀寺に三好三人衆による襲撃を受ける。

この報を受けた信長は義昭の居所に防備の整った城が必要と思い、義昭のために築城をすることを決める。
場所は足利義輝の二条城のあった場所を中心にした約400メートル四方の敷地に、2重の堀や3重の「天主」を備える城郭造とした。

細川藤賢の旧邸から、文字通り「鳴り物入り」で名石「藤戸石」が搬入された。
築城は約70日という短期間で終え、その年の4月に義昭はここに本拠を移す。

城の石垣には京都中から集められた墓石や石仏も使われたという。
周辺からは金箔瓦も発掘されており急ごしらえにしては豪壮な殿舎であったと考えられている。

信長自身が普請総奉行として現場で陣頭指揮をとり、大工奉行には村井貞勝と島田秀満(二人とも信長の吏僚)が任じられた。
総大将自らの陣頭指揮だから、サボったり出来なかっただろう。

信長は城普請のさなか、和田惟政(わだこれまさ)の仲介でイエズス会の宣教師、ルイス・フロイスと会見することになる。
信長は城の普請現場を会見の場に指定したようだ。信長は立話を好んだといわれる。
かしこまったのを嫌ったのだろう。

froisekken32.jpg
《挨拶に訪れたフロイス一行を上から見たところとした。
通訳として日本人がいたにちがいない。影から信長が見ていたと思うとオカシイ!》



その会見の前日、前もってフロイスは信長のところに挨拶に行く。
信長への贈り物として、大きなヨーロッパの鏡、美しい孔雀の尾、黒のビロードの帽子、ベンガル産の藤杖をもっていった。

しかし、信長は遠くからフロイスを観察しただけで、言葉は交わさなかったという。
(柱の影から盗み見ていたのだろうか?)
フロイスに食事をとらせて帰らせた。

贈り物はビロードの帽子のみ受け取って、他は返した。信長は貧欲ではない。
ヨーロッパの帽子は戦国大名(武将)にとても人気があったという。

後に、信長は「予が伴天連を親しく引見しなかったのは、他のいかなる理由からでもなく、実は予は、この教えを説くために幾千里もの遠国から、はるばる日本に来た異国人を、どのようにして迎えてよいか分からなかったから・・・」と佐久間信盛(重臣、筆頭武将)に話したという。
信長36歳、フロイス38歳だった。

なんと!何事にも気後れなどしなさそうな織田信長が、西洋人に躊躇?しているのがオカシイ!
「妙なヤツが来たなぁ。どうすりゃえんでぁ?もう・・・(名古屋弁)」と言ったかどうか?
街中で、道順をききたがっている西洋人と目を合わさないようにしているボクとあまり変わらない。

こんなエピソードが史実として残っていることにボクは驚く。

「信長夜話」は、これから数回にわたって、織田信長と伴天連のことを書くつもりだ。
当時の日本で進歩的と思われ、いまや畿内の実力者、信長が異文化に触れるのだ。

次回、「信長夜話」は二条城の普請現場でのフロイスとの会見のありさまを書きたい。  



<ルイス・フロイスのこと>

(Luis・Frois,1532~1597)戦国時代のポルトガル人宣教師。

1532年にリスボンに生まれる(信長より二つ年上)。
1541年、9歳でポルトガルの宮廷に仕える。
1548年、16歳でイエズス会に入会。
同年3月、当時のインド経営の中心地であったゴアに向かい、そこで養成を受ける。

ここで日本へ向かう直前のフランシスコ・ザビエルと日本人協力者ヤジロウに出会う。
これが後に、彼を日本へと向かわせる直接のきっかけであったといわれる。

luisfrois13.jpg
《フロイスの肖像画は見つかっていない。ボクの想像で画いた。
フロイスは1563年(この年、信長は清洲から小牧に移った)に日本にやって来て、苦労している。
石などをぶつけられたこともあったかもしれない。だから苦労顔とした。》



1563年(永禄6年)、司祭となっていた彼は、ついに日本行きを決意、九州の横瀬浦(現・長崎県西海市)に上陸。
戦乱などで困難を窮めながらも京都地区の布教責任者として奮闘する。

1569年(永禄12年)、織田信長と二条城の建築現場で初めて対面する。
フロイスは信長に気に入られ、畿内での布教を許される。

天正三年(1575)教会の建設を思い立ち、翌天正四年春に完成する。二階建てだったという。
南蛮寺(なんばんでら)と呼ばれ京の名所になった。

その後、九州で活動、ヴァリニャーノに従って信長や秀吉との対面。
1597年(慶長2年)『二十六聖人の殉教記録』を文筆活動の最後に、7月8日(旧暦5月24日)長崎に死す。65歳。
フロイスは日本におけるキリスト教宣教の栄光と悲劇を直接目撃し、その貴重な記録を残すことになった。

息を引き取る前、子供のころのリスボンの路地や景色がよぎったかもしれない(感傷的かな?)


フロイスはその文才を認められ、日本における布教活動と活動報告書の作成、および上司のヴァリニャーノやガスパル・コエリュから作成の命を受けた『日本史』を執筆する。

フロイスは日本人なら、気にもとめないことも執拗に観察して書きとめた。
日本の戦国時代の大変貴重な資料を残したのだ。

フロイスは高校の日本史などには出てこない。
ボクは名前を知っていた程度だったが、以前、松田毅一著「南蛮太閤記」朝日新聞社¥700(税込み)を読んで、おおげさだが、鳥肌が立った(感動して)。

フロイスは信長や秀吉と対面したが、その印象を書き残している。
それは、信長が目の前にいるような臨場感がある。

フロイスの執筆した『日本史』とその数奇な運命について書きたく思っている。

フロイスに限らないが、宣教師たちはこの時代に、よくも日本まで来たものだと思う。
船旅だけでも危険な賭けだ。

戦国時代の武士にも思うのだが、自分の命をどう考えていたのだろうか?
ボクは興味がある。


松田毅一著「南蛮太閤記」を参考にしました。一部を引用しました。



  1. 2013/02/19(火) 08:59:29|
  2. 信長夜話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<占い師と宝くじ | ホーム | 三好三人衆(信長夜話・その60)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://buenoskozo.blog72.fc2.com/tb.php/189-83f80f12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)