ブエノス小僧のイラストブログ

興味があることを、ガサガサ、ゴソゴソ、画いたイラストといっしょに掲載します。

パソコンの修理顛末

とても暑い夏ですが、
それでも、夜になると虫の声が窓の外に聞こえるようになった。


パソコン故障でブログの更新を休みました。

なんとか、パソコン修理を終えた。

以下、パソコン故障から修理までの顛末です。


7月末から、パソコンが突然、ゴ~ゴ~ゴ~と音をたるようになった。
それが3度ほどあった。
ボクの愛用のパソコンは、10年前に初めて買ったデスクトップパソコン。
なんやかやで15万円ぐらいした(高っ!今からすると)。

検索してみると「パソコン内部を掃除すると良い・・・」というのを見つけた。
「そうか、掃除だ!」
まずは掃除をした(なるべく修理はしたくない)。

「パソコンを開けて手をいれるなんて恐ろしい!」と思っていたので、
恐る恐る、掃除機で内部のほこりを吸い取ってみた。
「これで良くなるかも?」と電源を入れる。

黒い画面に
「Previous fan failure.
Strike the F1 key to continue, F2 to run the setup utility」という表示。
英語を見ただけで動転するボクは、「 F1 key to continue」のところに惹かれ?た。

F1キーを押すと「スタート画面」になる。
「やれやれ、とりあえず危機は去った!」と・・・
(ここまでは前々回のブログで書いた。)

ところが、次回、電源を入れると、またもや、黒い画面。
「Previous fan failure.
Strike the F1 key to continue, F2 to run the setup utility」と表示される。
F1キーを押すと「スタート画面」。
その日のパソコンの作業を終了してシャットダウン。

数日、そんなことを繰り返した。

いやまてよ、「Previous fan failure.」のところに注意しなくてはいけないのでは?
そうなのだ!エラー(警告)表示なのだ!
「ガ~ン!ファンが故障のようだ!どうしよう?」

「修理に出すしかないな!」
エラー表示が出るパソコンは使用しないで、家人のパソコンから、検索する
(家人がパソコンをもっていて良かった)。

kosyou12.jpg
《「どうしよう?」とパソコンを見つめる。
パソコンが暴れているように見える。

ボクのパソコンのレベルは、ソフトがインストール出来る程度だ
(それもアヤシイときがある)。
今回のような故障が起こったりすれば、困惑するばかり。
パソコンは疲れるな・・・・》



以下、我が愛機(古いパソコン)の修理の顛末。


まず、「パソコン修理」を検索
メーカーに修理依頼するとデータは失われて帰ってくるらしい?
時間もかかるらしい?
メーカーのサポートに連絡して見積もりをとらないといけない。

近在のパソコン修理屋さんを検索
電話(メール)で見積もりを取ろうとしても、
結局、故障の状態を見ないと修理代の見積もりは出ないだろう(当たり前だが、めんどうくさい!)

ボクは修理屋さんに来てもらうのではなく、愛機(パソコン)を持ち込むつもりだった。
そうすると、繋いである周辺機器(プリンターやスキャナーなどなど・・・)を外して、
ショックを与えないようにしてもって行くことになる。

修理中に追加で修理する必要が生じて、修理代が増える可能性があるだろう

検索結果をひとつづつ、内容を確認。
「これは!」と思う情報は「お気に入り」に入れて保存。
いくつもの検索内容を確認するだけで、グッタリ疲れる!
今晩はここまで!寝る。


別の日、「やっぱり、パソコン修理屋さんに頼も」と3件ほどに絞る。
3件のパソコン修理屋さんのホームページを何度も見る。
「良心的なところだろうか?おそらく、修理屋さんのいいなりだな?」と・・・

ボクはパソコン修理には無力だ!
疲れた。今日はここまで!寝る。


次の日、「まてよ!この前の掃除のやり方で良かったのだろうか?」と疑念。
一晩寝ると頭のスイッチが切り替わる。

「デスクトップパソコン 掃除 パソコンの機種名」で検索
どうも、パソコン内部のファン周辺は、もっとキッチリやらないといけないようだ?

「3か月に1回、掃除をしている」という記事も見た。
ボクは10年前にこの愛機(パソコン)を買ってから今まで、一度も掃除をしたことがない。
いや、「パソコン内部の掃除」など考えたこともなかった(ほめられたことではない)。

検索をしていると次々と疑問とわからないことが出てくる。
その疑問を、検索する。すると、また疑問だ。検索する。疑問、検索を何度も繰り返す。
疲れた、今晩はここまで!寝る。


次の日、再度、パソコン内部の掃除を決意。
掃除道具を買いに行く。

エアーダスター(ほこりを吹き飛ばすスプレーのようなもの)、
綿棒(ファンにくっついたほこりを取る)、
グリース(ファンの軸受けに充填することになるかも?)
エアーブラシ(空気を吹き出すポンプのようなもの)
薄いビニールの手袋(感電を恐れて)などなど

疲れた。今日はここまで!


掃除の日、道具を揃え、パソコンの電源を抜く。
さらに、繋がっている周辺機器をパソコンから引き抜く。

パソコンを開ける。ファンが二つある。
ひとつは電源のファン、ひとつはCPUの冷却ファンだ(検索してわかった)。

電源のファンには蜘蛛の巣を単純にしたような形の円形のガードがある。
ネジをはずしてガードを取り、エアーダスターと綿棒でほこりをとり出す。
とり出したほこりは、すかさず掃除機で吸い取る。

CPUの冷却ファンはネジを緩めて外し、裏から表からほこりを出す。すかさず掃除機。
この冷却ファンは熱交換のためのフィンの束(クーラー?)に繋がっている。フィンのヒダヒダにエアーダスター攻撃!
ほこりを出す。すかさず掃除機。

パソコンは空冷なのだ。
フィンの束はCPUに繋がっていて、CPUの熱をフィンの束が受け、
それを、今回、掃除している冷却ファンがパソコンの外に出す。
そんな仕組みになっているようだ。
(CPUはパソコンの中枢だから、熱が高いのだろう?)

そのためには、フィンの束やファンにほこりがこびりついていると、冷却効率が落ちる。
パソコン内に熱が充満する。
パソコンは熱に弱い(これは知っていた)
だから、掃除が大事ということになる。

こんな風に書くと、ボクがパソコンに詳しいようにきこえるが、
今回になって、わかったことだ。

一通り掃除。ファンが回るのかどうか?見たい。
そのためにはパソコンの電源を入れなくてはならない。
取扱い説明書には「パソコンを開けるときは必ず電源を抜け」と書いてある。

「電源を入れても良いの?」と思ったが、
ここまで来たら仕方がない、電源を入れた。

パソコン内部の電源のファンは勢いよく回っているが、CPUの冷却ファンは動いていない。
どうもCPUの冷却ファンの故障らしい?
「どうしよう?」
疲れた、今日はここまで!


別の日、
おそらく、冷却ファンの熱センサーがイカレたのだろう?

修理方法は、冷却ファンを取り換えるということなのだろう?
冷却ファンをバラして修理する能力はボクにはない。

こうなったら、冷却ファンを自分で取り換えることにした!
取り換えても動かなければ、その時は、パソコン修理屋さんに頼もう。
なんと、自分で修理することになった!

この機種の冷却ファンをなんとか探しだして、買い注文を出す。
2日ほどで冷却ファンは届いた。
疲れた、今日はここまで!寝るは!


別の日、
掃除の際にパソコンは開いた状態にしておいた。


CPU冷却ファンから伸びたコードの先のジャックの向きのメモをとる。
おのおの色のついた3本のコードだ。装着時の向きがあるのだろう。

動かない冷却ファンを、ネジをはずして取り外す。
コードの先のジャックをソケットから抜こうとするのだが、なかなか抜けない。
「ペンチで抜かないといけないのかな?」と不安になる。
ソケット内の端子は、おそらく細いものだろう?
曲げてはいけない。

そこへ電話(この、忙しいときに、まったく・・・)。
電話で話しているときも、抜く方法を考える。
目はソケットを睨みつける。

電話が終わり、もう一度、挑戦。
今度は難なく抜けた。
ボクはソケットごと引っ張っていたのだ。
どこまでがソケットなのか、わからないのだ。
黒色のとても小さいジャックとソケット。一体に見える。

危うく傷めるところだった。電話が救ってくれたように思う(ついてる!)。

CPUの冷却ファンの交換は、あっけなく出来た。

新しい冷却ファンをネジで固定。
さて、電源を入れる。期待と不安。

おぉ!冷却ファンが回っているぞ!
ウレシイ!
ひさしぶりのウレシいことだ。

そして、愛機(パソコン)は正常に起動した!


「パソコン内部をイジるなんて、とても無理!」と思っていたが、
なにかに導かれるように(ちょっと大げさ?)修理することが出来た。

保存されているデータは、また使用可能になり、
修理費用も安く上がった(自分の人件費はタダだから)
パソコンの知識がないボクにしては上首尾だ!

こんなパソコン修理の顛末だった。



「それでは」とイラストをスキャナーで読み取る。
ブログに張り付けるイラストはスキャナーで読み取っている。
ところが、スキャナーがまったく反応しない?
一難去ってまた一難・・・



この2週間ほど、パソコン修理に振り回された。
パソコンでやりたいことではなく、保守点検作業だ。
「いったい、ボクはなにをやっているのだろう?」と思った。

会社などで、パソコンの保守点検作業を外部に依頼しているところがあるが、納得。

デイトレーダーやFX取引をやっている人が、机に4~5台のパソコンを並べて、
ディスプレーを睨みつけているところを見たりするが、
各パソコンの保守はどうしているのだろう?

「お前の心配は無用だ!彼らは金もちだから、保守は外部依頼しているのさ!」
なるほど、貧乏人の余計な心配だったのだろう・・・

<ご注意>
保障期間中のパソコンは開けただけで、保障は無効。有償修理になることもあるそうなので、
ご注意ください。







  1. 2013/09/02(月) 07:14:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ハンプトン・ローズの怪物(その一) | ホーム | ブログをすこし休みます。>>

コメント

いつもコメントをありがとうございます。

かろうじてであります。
かろうじてパソコンの修理が出来ました。

結局は、わかりやすい部品の交換だったから、
ボクでも、出来たのだと思います。

やれテスターだ、ハンダづけだ・・・というこになったら
お手上げです。
(ハンダづけは苦手なので、修理の前に練習しなくてはいけない。ボクの場合)
いろいろとツイていましたね。


今日は朝から雨です。
今も、ボタボタと大粒の雨が激しく降ってきました。
波状攻撃のような雨の降り方です。

人と会う明日の約束を、取りやめました。
この雨にイヤな予感がしたので、
無駄話をダベるだけの目的ですから、
無理はしないことにしました。


ところで、再生堂さんのブログの画像を見ると、
手入れが行き届いた庭が見えます。
再生堂さんが手入れをされるのですか?
(次回のメールで教えてください)

こんな庭を見ながら、ちょっとビールなんて良いですね。
アテは枝豆などで・・・

九州も強い雨が降っているようですね、
お気をつけください。


ブエノス小僧
  1. 2013/09/02(月) 15:27:57 |
  2. URL |
  3. ブエノス小僧 #ReG7zl4U
  4. [ 編集 ]

お帰りなさい!

お帰りなさい!
自分で修理なされたんですネ。
「凄い!」の一言です。
私は諦めて買い換えました。
不安になる画面の異常に加え、横のタワーからファンの嫌な音。
一度は掃除したものの、異常音は治らず、起動の遅さは相変わらず。
画面も不安定。
自分で治すと言う発想は有りませんでした。
軟弱です。
これからもブログ楽しみにしています。

  1. 2013/09/02(月) 07:59:32 |
  2. URL |
  3. 再生堂 #rnU6iefI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://buenoskozo.blog72.fc2.com/tb.php/212-34717aa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)