ブエノス小僧のイラストブログ

興味があることを、ガサガサ、ゴソゴソ、画いたイラストといっしょに掲載します。

まだ青い!(川柳)

madaaoi24.jpg

「女房に、たてつくようじゃ、まだ青い」
大鳥ヒップバーン作(敬称略)の川柳。

今回は、川柳の解説はしない。




話はかわる。川柳とは、まったく関係のないこと。

関西の一流ホテルが、メニューに書いてあった高級食材を
安いもので誤魔化していたことが話題になっている。

社長と重役が謝罪会見で「ウソをついたわけではない・・・」と
説得力のない言い訳をしていた(ボクはウソをついたと思っている)。

お客様に偽物を食わせておいて、ナメた謝罪をする。
「多くのホテル従業員の社長がこれか?」と思った。

ボクはネットショップで買い物をする。
今までネットショップの買い物で不快な思いをしたことはない。
(個人経営のネットショップでも。)

ネットショップの対応は概ね丁寧だ。
「買い注文」を出せば、確認メールがくる(それがテンプレートを使用したとしても)
商品が発送されれば、「発送完了」のメールがくる。
今まで商品説明にウソはなかった。

ネットショップの場合、実店舗の対面販売よりも、信頼性にかけると思われがちだ。
それを克服するためには、実店舗より誠実、丁寧に対応する必要があるのだろう。
(もちろん例外はある。不良ネットショップは存在する。しかし、それは実店舗でも同じだろう)

今回の一流ホテルのようなウソをつけば、そのネットショップはやっていけないだろう。
お客様からの信頼こそネットショップには重要だと思うから。
言い換えれば、その一流ホテルは「まともなネットショップ」以下だということになる。
「一流ホテル」などとはチャンチャラおかしい。

ボクは一流ホテルで食事をしても、格別にウマいと思ったことはない。
どこのホテルも似たり寄ったりの平凡な味だ。

一流ホテルや一流料亭の食事を本当にウマいと思っているのだろうか?
「○▽ホテル」というブランドを高い代金を払って食っているように思う。

ブランドとはさしたる実態がないものだから、
ウソをつくということは、自分の首を絞めるようなものだと思うのだが・・・

ボクはブランドや権威をうさん臭く思っている。
「ザ・リッツカールトンホテル」など
「なんだそりゃ、気取った名前をつけやがって・・・!」と、こんなときだから気にさわる。
(下品な言い回しでスミマセン)

「お客様を大事にする・・・」のじゃなかったのか?
「大事にしていない」のがバレてしまったわけだ。

そもそも、「お客様にウソをついて食材を安物を使って、いくばくかの利益を得る」
そんなことのどこが楽しのか?
歪んだ利益を得ることがそんなにウレシイことなのか?と思う。


はじめは主題は川柳だったのだが、
気になったので「ウソつきホテル」のことも書いてしまった。


<追記>
この記事を書いた後、
阪急阪神ホテルズ社長がウソ(偽装と言っている)を認め、辞任表明した。
表現を曖昧にして、すこしでも組織(自分たちの立場)へのダメージを少なくしようとしたのだろう。
そこには、「お客様より組織」という、ありがちな思いが透けてみえる。
結果、辞任表明するなら、はじめから潔くウソを認めるべきだったのだ。
もちろん、覚悟をきめて。











  1. 2013/10/29(火) 07:30:34|
  2. 川柳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<衝突!(信長夜話・その70) | ホーム | 名物(信長夜話・その69)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://buenoskozo.blog72.fc2.com/tb.php/217-fdbc85ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)