ブエノス小僧のイラストブログ

興味があることを、ガサガサ、ゴソゴソ、画いたイラストといっしょに掲載します。

相撲が好き(信長夜話・その72)

織田信長は諸国の大名に、短いが意味深な書状を送りつけた。

「禁中御修理、武家御用、その外、天下いよいよ静謐(せいひつ)のために、来る中旬(二月)参洛すべく候の条、
各々も上洛ありて御礼を申しあげられ、馳走肝要に候。ご延引あるべからず候」である。

「従わないのならば、天下静謐(せいひつ)のため、上洛した大名を従えて、幕府御用を掲げて討伐するぞ!」という信長の意図があったと言われている。
それは、元亀元年一月二十三日付けだった。

しかし、書状にある二月中旬の予定は大きく遅れ、信長が岐阜を発ったのは二月二十五日。
その日は赤坂で宿った。
さらに、遅れているにもかかわらず、信長の上洛は急ぐ気配をみせない。
途中、常楽寺(じょうらくじ・現滋賀県蒲生郡安土町)にとどまり、近江の相撲取り(相撲好き)を集めて相撲会を催している。

時間をかけて上洛したのは、その間に書状を送りつけた大名達の出方をうかがっていた、と考えられている。
普通、直情型と思われている信長だが、なかなかの役者ではないか?

『信長公は常楽寺にしばらく滞在し、3月3日近江国中から力士を集めてこの地で相撲見物をした。
集められた力士は百済寺の鹿、百済寺の小鹿、たいとう、正権、長光、宮居眼左衛門、河原寺の大進、はし小僧、深尾又次郎、鯰江又一郎、青地与右衛門といった面々であったが、会場には他にも腕自慢の相撲取りたちが我もわれもと詰めかけ、数をも知れないありさまとなった。

木瀬蔵春庵の行事のもと取組は進み、最後に鯰江又一郎・青地与右衛門が勝ち残った。
信長公は両人を御前に召し寄せ、褒賞としてのし付きの大小を与え、さらに両人を家臣に加えて相撲奉行に任じた。
両人とも面目の至りであった。
また、見事な相撲を見せた深尾又次郎には信長公から衣服が贈られた。』(『信長公記』現代語訳)


smou22.jpg
《信長の時代の相撲には、まだ土俵はなく、多くの人が回りをグルリと囲み、そのなかで相撲をとったという説がある。
そうすると、「押し出し」などの決まり手は、どうしたのだろう?

また、「禁じ手」などのルールは江戸時代に作られたというから、
殴る蹴る、噛みつく、くすぐる、血をみる、なんでもありの野生的な相撲だったのではないだろうか?
相手を地に転がしたほうが勝ち。
きわどい相撲には行司が強引に判定したのだろう。

テレビ中継されるプロの相撲も結構だが、素人相撲が面白い。
現在、各地で催されている「ちびっこ相撲」は一度見てみたい。
洗練されたプロの相撲にはない面白さがあると思う。

プロのやることは手堅く、確実性があるが、その分、面白さに欠けるとボクは思う。
素人は不確実ではあるが、だから、以外性があり面白い!

イラストの相撲は「北斎漫画」を参考にした。》



相撲は信長の好きなもののひとつ。
乗馬、鷹狩り、水泳、甘味、茶の湯、などなど、好きなものが知られているが、相撲も大好きだった。

相撲で好成績を上げると、時には家臣として召抱えたから、多くの参加者を集めた(千人という説もある)。
『信長公記』の文面には、相撲会の楽しさが伝わってくる。

「百済寺(ひゃくさいじ)の鹿・百済寺の小鹿」という名前がある。武士ではないように思う。
良いねえ!「鹿・しか」だもんね。
地元の相撲巧者ではなかったか?農民かもしれない。
「百済寺(ひゃくさいじ)の鹿」の得意は、ツッパリからの右四つ、豪快な上手投げ。

「はし小僧」なんて、これまた良いじゃないの!
どんな男だったのだろう?
「はし小僧」の得意は、軽快な動きから、トッタリ、小股すくい、内がけ。
なんて想像すると楽しい!

最近の大相撲では、「内がけ」なんて決まり手を見ない。
近所のご隠居に聞いたところ、
『お前さんたち、若いもん(ご隠居からみれば)は知らんだろうがな、
以前に「琴ヶ浜」という「内がけ」の名手がおったな。

立ち合いで相手と組みあった瞬間、切れるようにワザが決まるんだな。
そうすると、観客からヤンヤの拍手だったんだよ・・・」


『信長公記』文中の鯰江又一郎は 近江の土豪だろう。
六角氏の家臣にもこの名があるので、出自はそのあたりか?
信長に士官する目的での相撲参加だったのかも知れない。

青地与右衛門 は馬の調教に長けており、後に「御厩別当」に任じられた。
多くの名馬を調教し、正宗の名刀を与えられている。有名な「馬揃え」などでも活躍した。


今回の相撲会で優秀な力比べを見せ、信長を満足させた宮居眼左衛門は重藤(しげとう)の弓を拝領している。
最後まで勝ち抜いた力士両名が、取り組みの後に申し合わせて太刀と弓とを持たせた家臣を従えて入場し、信長に挨拶をしたのが、現在の「弓取り式」の始まりと言われている。(信長だったのだ)

木瀬蔵春庵は「行事」とあるが、行司(勝ち負けの判定をする)のことだろう。
これが「行司」の初見とされている。

行司が使用する軍配は、戦の際に大将が軍を指揮する軍配。
現在の「大相撲」の行司の衣装をあらためて見直すと、室町時代の武士の装束、「直垂・ひたたれ」だ。
頭には烏帽子(えぼし)をかぶる。

現在の行司が腹帯に脇差しを指しているのは帯刀を許された武士という意味。
また、差し違え(誤判定)の場合には切腹するという意味があるという(キビシイ!)。

また、東西に分かれる上覧の仕方も、信長が、最後まで勝ち抜き、見事な力くらべを見せた両力士に対して、
東から土俵にあがった者に「東」、西から土俵にあがった者に「西」という姓を下賜したのが始まりと言われている。

鎌倉・室町時代、相撲は武士の間で、心身の鍛練や戦闘に役立つものとして盛んに 行われた。
武術の一種として奨励された。

信長は元亀元年(1570年)頃から10数年に渡り、毎年大勢の力士を集めては相撲大会を催している。
力士といっても、殆どが力自慢の土豪や農民であったと思われる。


こうしてみると、現在の大相撲と信長の関係は深い。


<相撲>
http://www.nobunaga-lab.com/labo/08_bunka/sumou/sumou.html
谷口克広著「織田信長合戦全録」中公新書¥840+税 を参考にしました。
<私訳「信長公記」>から引用した箇所があります。
http://home.att.ne.jp/sky/kakiti/shisaku.html




2013年の「ブエノス小僧のイラストブログ』の更新は、これで終わります。
お付き合いいただき、本当にありがとう。

今日も寒そうだ。
今夜は「鱈ちり」でイッパイやろうかな。
良いお年を・・・











  1. 2013/12/24(火) 07:06:24|
  2. 信長夜話
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<左馬 | ホーム | 告白(ジョーク)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://buenoskozo.blog72.fc2.com/tb.php/222-ff26e696
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/12/25 09:08)

蒲生郡安土町エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  1. 2013/12/25(水) 09:08:39 |
  2. ケノーベル エージェント