ブエノス小僧のイラストブログ

興味があることを、ガサガサ、ゴソゴソ、画いたイラストといっしょに掲載します。

海には、ドエリャーやつがおるかもしれん?(名古屋弁)

映像が撮られたことから「大王いか」が話題だ。

「大王いか」は深海に棲んでいて、なかなか正体がわからなかったが、
映像にとられるやら、海岸に打ち上げられるやらで、ちょっと出すぎの感がある。
わからないところが良いのだ。

大王いかは深海でマッコウクジラと格闘をやっているらしい(現場を見た人はいないので、「らしい」となる)。
そんなイラストをよく見た。


emono27.jpg
《お互いを獲物だと思っとるぞ!》


随分と前だが『テンタクルズ』(1977年制作、イタリア・アメリカ合作)という映画があった。
内容はポスターを見れば一目瞭然。デデデっかいタコが船を襲い、人を襲うのだ。

ジョン・ヒューストン、シェリー・ウィンタース、ヘンリー・フォンダといった当時の大物俳優が出演したが、駄作だった。
ほとんどの映画はポスターと出演者を見れば、ストーリーはだいたい想像がつく。

「デっかいタコ」は、映画「水爆と深海の怪物」(1955)なんかにも登場して暴れちゃった(使い回しではないだろう?)。


思えば、人類はやたらと襲われる。
火星人、金星人、などの地球外生物にはじまって、ゴリラのでっかいのやら、蜘蛛やサソリのでっかいの、
はたまた、でかいメスの蜂(「ハチ女の恐怖」1960)なんかもあった。

水爆実験の放射能を浴びて、でっかくなった恐竜もあった。
口から放射能を吐く。吐き出す瞬間、背中のゴツゴツが怪しく光る。

好きなんだね襲われるのが、いや、襲われている人を見るのが?我々は・・・


「放射能を吐き出す」といえば、某大電力会社の某発電所を思う。
映画ではパニックになった大衆が逃げ惑うが、某発電所が放射能を吐き出し続けても、我々はパニックにならない。
思っていたより我々はシブトイ?


人間が風を頼りに船で大海に乗り出していたころ、海には想像を超えた不思議な生き物が棲んでいると思われていた。
潜水器具が発達していなかったから、海面からせいぜい20mぐらいまでしか見ることが出来なかった。
想像を刺激したにちがいない。
鯨が捕らえたりしただろうから、ますますである。


ずいぶんと前、ボクは海で泳いでいて、水中眼鏡を透してみる海中から、クビ長竜(プレシオサウルス)が、こちらに向かってきたら、と想像したことがある。
恐ろしくなった(妙な想像をするからだ)。のんびりと泳いでいる場合ではない。
全力で海岸に向かって泳いだ(臆病者!)。


西洋には「クラーケン」という海の怪物伝説?がある。
デンマーク人、エーリク・ポントピダンが1752年、「ノルウェー博物誌」で紹介したという。
それは「北極海にすむ巨大なタコ」のように書かれている(イラストはないのかな?)。

おそらく、船乗りたちの話を下敷きにして、エーリクが想像したのだろう。
船乗りたちの想像(妄想か?)にポントピダンの想像が重なったので、ハッキリ言って正体がよくわからない。


タコやイカを食べる習慣がない国の人は、タコやイカを「悪魔の魚」と毛嫌いする。
その姿形からくる印象なのだろう。
知識がないまま、初めてタコやイカを見たら、「なんだこれ?キモチ悪ぅ!」と、その独創的な形に驚くだろう。

しかし、我々日本人は恐れない。
刺身、タコぶつ、シャブシャブ、酢だこ、たこ焼き、すしネタ・・・とウマイことを知っている。
ボクは「酢だこ」と「たこ焼き」が好き。

巨大タコが襲ってきても、なんとかして生け捕り(新鮮だから)、切り刻んで食ってしまう。
タコからみれば我々は恐ろしい!




澁澤龍彦著『幻想博物誌』河出文庫¥500 を参考にしました。








  1. 2014/03/18(火) 07:05:26|
  2. 怪物と怪し
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サービス(ジョーク) | ホーム | 東へ(信長夜話・その75)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://buenoskozo.blog72.fc2.com/tb.php/229-3887d94d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)