ブエノス小僧のイラストブログ

興味があることを、ガサガサ、ゴソゴソ、画いたイラストといっしょに掲載します。

糸女は見た!

ゴールデンウイークですね。
出かければ、渋滞また渋滞が待っているような気がする。

10日ほど前の土曜日、一般道で愛知県~木之本(滋賀県)~敦賀(福井県)へとクルマで行ってきた。
木之本から琵琶湖の北岸にかけて渋滞に巻き込まれた。
延々とクルマが連なっていた。

「この渋滞の先頭は動いているのだろうか?」
「日本国内のクルマの数が、また増えたのじゃないのか?」と思った。

ということで、ゴールデンウイークはおとなしくすることにした。



ところで、

戦国時代の美女と言えば、織田信長の妹(異説あり)の市(お市)だろう。
その次はというと、細川ガラシャではないだろうか。

細川ガラシャは細川忠興(ただおき)の室(妻)、玉子(たまこ、たまごではないよ)だ。
明智光秀の第三女(異説あり)。
天正六年(1578)八月、織田信長の口添えによって忠興(ただおき)と玉子は夫婦となった。
ともに16歳だった。

翌年、嫡男、与一郎忠隆(ただたか)を生んでいる。
順調な新婚生活だったようだ。
忠興は玉子を熱愛したといわれる。
玉子は容姿が美しいのみならず、教養、才能にもめぐまれていたという。

しかし、「本能寺の変」後、父、光秀が羽柴秀吉に敗れ、その秀吉が実験を握ると、
夫、忠興は玉子を丹後半島に軟禁する。
玉子の存在が細川家を微妙な立場にしたためだ(「本能寺の変」のとき玉子、20歳)。

思い悩んだ玉子は耶蘇教(キリスト教)に傾倒していく。
天正十五年、夫、忠興が九州遠征の留守中に京の南蛮寺を訪ね、信仰生活にはいる。
洗礼を受け「ガラシャ」と称した。

慶長五年(1600)、夫、忠興は徳川家康の会津征伐に参加して出陣。
家康の留守に反旗を翻した石田三成は、大阪に住む徳川方大名の妻子を人質として、大阪城に入ることを要求してきた。

その時、細川屋敷(大阪、玉造)にいたのは、ガラシャとその娘二人、嫡男忠隆の妻、
他は少数の侍女と老臣がいるのみだった。

ガラシャは二人の娘をオルガンチーノ神父へ預け、
嫁(忠隆の妻)は隣家の宇喜多屋敷(「関ヶ原の戦」の西軍主力、宇喜多秀家の屋敷)へ避難させる。

自分は留守家老、小笠原小斎に長刀(なぎなた)で胸(喉?)を突かせて亡くなった(ということになっている)。ガラシャ38歳だった。
老臣たちはガラシャの死を見届けたあと、屋敷に火をはなって切腹した。

これが、普通知られている細川ガラシャの人生のあらましだ。


「天性の国色(こくしょく)、容貌の美麗比倫なく、精神活発、穎敏(えいびん)、果決、心情高尚にして才知卓越せり。」と『日本西教史』はガラシャをベタ褒めだ。
「すごい美人、決断にとみ、気品があり、才知に恵まれている」ということだろう。

ボクは初めて、ガラシャの最後を知ったときは感動した。
だが、オジサンになったボクはへそ曲がりになった。

「ええ?そんな、なにもかも備わった人間がいるの?」
もし、いたとしても、ボクは好きになれそうもない(べつに好きになってくれなくても良いだろうが、)。

昔の清純派女優は「ウンコをしない、屁もしない。鼻くそをホジらない。いや、鼻くそそのものがが出ない。」
ということになっていた。

今となっては「そんなバカな!」ということなのだが、
かつては「ひょっとすると・・・?」と思われていたのだ、とくにファンには。
ガラシャを美化する風潮には似たものをボクは感じる。


ガラシャの死は、キリスト教布教活動の格好の材料だっただろう。
(ガラシャはキリスト教の有力なスポンサーだったと思われる。)
そのために美化された、とボクは想像している。

「小笠原小斎に長刀(なぎなた)で胸を突かせて亡くなった」という下りも、
キリスト教側が脚色したのではないのか?(キリシタンは自刃は許されていないから)
「霜女覚書」には死に方については書かれていないという。


ガラシャ人気には、それなりのわけがあるように思う。

その1、織田の有力武将、明智光秀の娘、細川忠興(ただおき)の室(妻)、つまり、お姫様だ。

その2、そのお姫様が、追い詰められて死んだ。これが死なずに、ノウノウと生きていたならば、
これだけの人気にはならなかっただろう。
「高みにある人が奈落に落ちる。」、洋の東西を問わず人はそういうのが好きなのだ。

その3、美人だった(ということになっている)。悲劇と美人は相性が良い。
美人ゴルファーだとか、美人OL、美人弁護士、美人八百屋のおかみ(そんなのはないか?あったら良いなあ!)・・・、
見てみると「それほどでもない」と思うのだが、美人のほうが受けが良い。(関係なかったかな?)

その4、耶蘇教(キリスト教)の洗礼を受けた。熱心な信者だった。
日本人はキリスト教に弱い。キリスト教の信者は、映画やドラマでは、だいたい善玉で描かれる(蘭学者もそうだ)。
逆偏見だとボクは思う。
そんなにキリスト教信者を良く描くのなら、キリスト教に入信する人が増えそうなものだが・・・?
「キリスト教はなんとなくカッコいい」と思っているだけなのだろう。



itojyo23.jpg
《イラストは芥川の『糸女覚え書き』をイメージした。不美人には画けないので、情緒不安定系とした》

「ガラシャ美化」に釈然としないボクを満足させてくれる短編小説がある。

『秋林院様(しゅうりんいん、ガラシャのこと)のお果てなされ候(そうろう)次第のこと。』ではじまる
芥川龍之介が書いた「糸女覚え書き」だ(ボクは芥川の作品が好き)。
ガラシャに仕えた「霜」が書いたといわれる「霜女覚書」を下敷きにして書かれたといわれている。

石田三成からの人質要求事件を大筋に、
侍女として仕えていた糸(いと、架空の女)が見たガラシャというのが芥川の設定。


芥川の「糸女覚え書き」の一部を抜粋する。

『・・・唯朝より秀林院様(ガラシャのこと)の御機嫌、よろしからざるやうに見上候。
総じて御機嫌のよろしからざる時にはわたくしどもへはもとより、
与一郎様(忠興の子、忠隆ただたか)の奥様へもお小言やらお厭味やら仰せられ候間、
誰もみな滅多にお側へは近づかぬことと致し居り候。
けふも亦与一郎様の奥様へはお化粧のあまり濃すぎぬやう、「えそぽ物語」とやらの中の孔雀の話をお引き合ひに出され、長ながと御談義有之候よし、みなみなお気の毒に存じ上げ候・・・』

《朝から、秀林院様は御機嫌が悪いようだ。だいたい御機嫌が良くない時は、私たち(侍女)へはもとより、
与一郎様(忠興の子、忠隆)の奥様へもお小言やらお厭味やら言われる。
皆、滅多に秀林院様のお側へは近づかないようにしておりました。
今日も、与一郎様の奥様にお化粧が濃すぎぬよう、「えそぽ物語」(「イソップ物語」のこと)の中の孔雀の話をお引き合ひに出され、長ながと話された。
みなお気の毒にと思ったものです。》(ボクのつたない現代語訳)

また、
『霜は又右の次第を秀林院様へ申し上げ候ところ、秀林院様は御返事も遊ばされず、
唯お口のうちに「のす、のす」とのみお唱へなされ居り候へども、やうやくさりげなきおん気色に直られ、・・・
ことごとにわたくしどもをお叱りなされ、又お叱りなさるる度に「えそぽ物語」とやらをお読み聞かせ下され、
誰はこの蛙、彼はこの狼などと仰せられ候間、みなみな人質に参るよりも難渋なる思ひを致し候。
殊にわたくしは蝸牛(かたつむり)にも、鴉(からす)にも、豚にも、亀の子にも、棕梠(しゅろ)にも、犬にも、蝮(まむし)にも、野牛にも、病人にも似かよひ候よし、くやしきお小言を蒙り候こと、末代迄も忘れ難く候。』

《霜が右の次第を秀林院様に申し上げたところ、秀林院様は御返事もなされず、「のす、のす」とだけ唱えられたが、
ようやくご機嫌が直り・・・
ことあるごとに、わたくしどもをお叱りなされ、又お叱りなさるる度に「えそぽ物語」(イソップ物語)とやらをお読み聞かせ、
あの人はカエル。あの男は狼などと仰せられた。皆、人質になるよりも嫌な感じがした。
とくに私(糸女)には、「蝸牛(かたつむり)、鴉(からす)、豚、亀の子、棕梠(しゅろ)、犬、蝮(まむし)、野牛、病人などと同じようだ」と言われた。
こんな悔しいことは死んでも、糸は忘れません。》(ボクのつたない現代語訳)

文中の「のす、のす」は聖書のラテン語だろうか?言葉尻が「ノス」で終わるのが多いのだと思う。
日本語の「・・・でした。」「・・・です。」など。


芥川の「糸女覚え書き」では、こんな具合にガラシャが「嫌な女」として描かれている。
けちょんけちょんだ。
こんなガラシャ像は他にはない。

「天下の美女、気品がそなわっていた」といわれるガラシャが、実は「嫌な女」だったという設定が、
ハッキリ言って気持ち良い(ボクは)。
ガラシャファンは読むに堪えない内容かもしれないが?

ちなみに、下敷きとした「霜女覚書」では「嫌な女」には書かれていない。


「糸女覚え書き」は「霜女覚書」と同じく候文で書かれているのも気にいった。
すこし読みにくいが、意味は解る。候文のため臨場感がある。
また、候文の言い回しの勉強にもなった。



ガラシャの肖像画は当時のものはないようだ。おそらく明治以降に想像して画かれた「いかにも」と言うか、
聖母マリア像を手本にして、着物を着せたような人間味のないのがある(ボクはそう思っている)

父と言われている明智光秀の有名な肖像画(本徳寺蔵)を見ると、涼しい目、顔は女性のようにも見える。

「明智光秀はイケメンだった。」という記事は見たことがないが、
肖像画の光秀はイケメンだとボクは思う。
明智光秀の肖像画(本徳寺蔵)からガラシャを想像すれば、カワイイ系の美人だったのかもしれない?









  1. 2014/04/29(火) 08:10:54|
  2. 歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<営業電話はめんどくさい! | ホーム | 宮本ムサくるし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://buenoskozo.blog72.fc2.com/tb.php/232-d861503e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)