ブエノス小僧のイラストブログ

興味があることを、ガサガサ、ゴソゴソ、画いたイラストといっしょに掲載します。

テレビを見ていたら

テレビを見ていたら、「なんでも貸します・・・」がキャッチフレーズのリース会社のCMが流れた。
(この地方だけかな?)
突然の衆院選でリース契約が殺到しているのだろう。

これが、驚くほど古いCMなのだ!。
初めて見たのはボクが子供のころだった。
ボクが生まれる前から流されているのかもしれない。

それから間隔をおいて何度か流れている。
ずいぶん前に「まだ流しているぞ!」と思ったぐらいだ。

CMの中、催事風景なのだろう、武者装束で商店街を練り歩いているオジサンが映るが、もう亡くなっているだろう。
「あっ、とうちゃんだがね、あんな時があったなあ・・・」と、その子供がたまに(たまにだ)懐かしんだりしているのではないだろうか?

また、派手な衣装で「イエイエ!」とはしゃいでいるおネエさんたち(当時の地元タレントだと思う?)も出てくるが、
その後、結婚、出産、数度の離婚を経験して、掛け値なしのオバサンになっているにちがいない。
それとも玉の輿を成功させ、孫のいる金満オバサンになっているのだろうか?
などと余計な想像をしてしまった(ヒマなやつ)。

このCMはもう充分すぎるぐらい元を取っていると思う。
この会社は新しくCMを作る気などないな。まずない!

kinorensyuu321.jpg
《今回の記事とはまったく関係のないイラスト(この自由さが気持ち良い)
木を画く練習の一枚。

イラストの木の枝振りはイビツだ。枝葉が勢いの良い側と良くない側がある。
日当たりなどの環境が影響するのだろう。
どう枝葉を伸ばそうと、木の勝手というか、生きる都合があるのだろう。

ぼんやりとした木のイメージがあるが、まじめに木を見ると、
実際の木は、それとは違うことがよくある。

「勝手に枝葉を伸ばしている」と思って木を見るが、そこに規則性のようなものも感じる。
例えば、ケヤキにはケヤキの、銀杏には銀杏の規則性があるように思う。》




昨今、テレビは不景気なのか、CMもそうだが製作費をケチる傾向があると思う。
金をかけていないのが丸出しの番組がいくつもある。

金をかけなくても面白いものが出来る可能性はあるが、それにはセンスが必要だろう。
センスの良い製作者はそうはいないだろう(比較だから)
冒険を良しとしない体質では、面白いものは期待しにくい。

それがCMになると、見ている側にも影響がある。
製作費をケチった面白くもないものを、CM音量で繰り返し見せられることになる。

「そんなに嫌なら見なきゃ良い」という声が聞こえてきそうだが、
そのCMが流れるときだけスイッチを切るというのも現実的ではない。

結局、強引に何度も何度も見せられる羽目になる。
そういうCMは経費をケチるから、長い年月を同じCMビデオを流す。
「まだやっているぞ!…」とテレビ見ながら師走のミカンを食う。酢っぱ!甘っ!


●年内のブログの更新はこれで終わりです。ありがとうございました。
 「そろそろ年賀状をやらなきゃなぁ!」と思っております。
 良いお年を・・・







  1. 2014/12/16(火) 07:17:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<馬が走り去って、羊がやってきた | ホーム | 「いちのじょう」が正しい>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://buenoskozo.blog72.fc2.com/tb.php/244-369d6802
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)