ブエノス小僧のイラストブログ

興味があることを、ガサガサ、ゴソゴソ、画いたイラストといっしょに掲載します。

選択肢!選択肢!洗濯し?

「選択肢・せんたくし」をよく耳にする。

「選択肢とは質問に対する回答として用意されているいくつかの項目。」らしい。


会議で「選択肢」を4~5発耳にして、家に帰るとテレビの女子アナから2発!
「また選択肢か、使いすぎだわ(名古屋弁)」と、きんぴらごぼうを食いながら思う。

「・・・は選択肢を持つべきだ。」
「・・・には選択肢はない。」
「それについては3つの選択肢があります。」などなど・・・

sentakushi23.jpg
《「今時タライで洗濯するぅ?」、 ごもっとも。
でも、アパートの小さな流しで洗濯する人はいるだろう。体を洗う人がいるくらいだ。
さすがに木のタライはないだろうが、今では高級品。》



会議中、物知り顔で「・・・この場合、3つの選択肢があります。」などと言ったりする。
常套句だ。
「選択肢」と「3つ」は相性が良いようだ。いつもイッショ。
何故か3つだ。4つ、5つ、はめったにきかない。

だから「3つの選択肢」は怪しい!

「私が前もって3つに絞っておきました」
「3つ以上の項目を並べても、君たちは選ぶことが出来ないでしょ」ととることも出来る。


「君ぃー!3つの選択肢というが、他にもなかったのかね?」
という部長の言葉を期待するのだが、
「そうか3つか、○▽君の説明はわかり易いな」と部長はマヌケな顔をして、
「3つの選択肢」作戦にまんまとはまっている。

意を決して「除外した3つ以外のものは何ですか?」
とボクは問いたいのだが、
「ブエノス、そんなこときくんじゃないよ、会議が長くなるじゃねえか。3つでも4つでも良いんだよ。まったく!」
という会議出席者の思いを感じて「やっぱりヤメとこ(ヤメておこう)・・・」
ということで、「3つの選択肢」は堂々と押し通るのだ。

おそらく、プレゼンテーションなどのHow to本に
「3つに絞るのがコツ」などと書いてあるにちがいない。

でも、これはテクニックであって、本質ではない。


「選択肢? センタクシ、センタクシ、とクリーニング屋じゃないんだから・・・」(ボクのつぶやき)

話がすこしズレてしまった。まあ良いか!







  1. 2015/03/24(火) 07:19:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<本を買ってしまった | ホーム | ふたりだけで京都へいった!(ジョーク)>>

コメント

ブログを拝見しました

こんにちは。
スペースお借り致します。

お友達がたくさん出来て、投稿に参加する度ごとに直筆のカード式のファンレターが3~30枚以上届く文芸サークル(投稿雑誌)をやっています。
ネットでのやりとりも楽しいですが、ぬくもりが伝わるアナログでの活動は温かい気持ちになり、楽しさや幸せをより感じられます。
イラスト・詩・漫画・小説・エッセイなどジャンルを問わず何でも掲載しています。
月刊で150ページくらい。全国に約180人の会員さんがいます。
あなたがブログで発表している作品を雑誌に掲載してみませんか?
東京都内で集会も行っています。お友達や創作仲間作りにご活用下さい。

興味を持たれた方には、現在雑誌代と送料とも無料で最新号をプレゼントしています。
よろしかったらホームページだけでもご覧になって下さい。
ホームページにある申込フォームから簡単に最新号をご請求出来ます。
http://lyze.jp/hapine/

これからもブログの運営頑張って下さい。
失礼致しました。
  1. 2015/03/27(金) 13:26:48 |
  2. URL |
  3. つねさん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://buenoskozo.blog72.fc2.com/tb.php/249-9dcae1a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)