FC2ブログ

ブエノス小僧のイラストブログ

興味があることを、ガサガサ、ゴソゴソ、画いたイラストといっしょに掲載します。

義眼(ジョーク)

gigan262.jpg

後藤のオヤジさん(零細企業の社長)が何度も涙ながらの嘆願をした。
冷酷な銀行の融資担当者は金を貸すことを断わり続けた。

だが、後藤のオヤジさんの半狂乱の懇願に、冷酷な銀行の担当者もゆらいだ。

銀行の担当者「しょうがありませんなぁ、じゃあ、こうしましょう」
「誰にも知られていませんが、実は、私の眼は片方が義眼なんです。
金に糸目をつけず最高の技術で作ってもらいました。義眼を見抜ける人はほとんどいません。」
「もし、あなたが、どっちの眼が義眼なのか当てることが出来たのなら、いま一度、融資を考えてみることにしましょう。
確立5割、いかがですか?」

藁をもつかむ思いで、後藤のオヤジさんは銀行の担当者の眼をジッと見つめた。
そして「左目だ!」と答えた。

銀行の担当者「ええっ!どうしてわかったのですか?」
後藤のオヤジさん「かすかに、左目に人間の暖かな光を感じたからだ!」
銀行の担当者「・・・・」



ちょっとわかりにくいジョークだが、皮肉が込められている。

「晴れた日に傘を貸して、雨が降ると傘を取り上げる、それが銀行だ」と言われる。
そうだと思う。


『ポケット・ジョーク』植松黎 編訳(角川文庫)¥350 を参考にしました。




話は変わる(いつものように)。

「友達の○▽クンはいくつ?」と訊くと、
「ああ、イッコ下!」と答えが返ってきたりする。

年齢のことだから「イッコ(一個)」「ニコ(二個)」はおかしいと思う。
「ひとつ、ふたつ」ではないのか? 落ち着かない。










  1. 2015/06/23(火) 07:28:48|
  2. ジョーク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<狙撃!(信長夜話・その82) | ホーム | こんちは!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://buenoskozo.blog72.fc2.com/tb.php/254-7daee9f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)