ブエノス小僧のイラストブログ

興味があることを、ガサガサ、ゴソゴソ、画いたイラストといっしょに掲載します。

堀秀村の寝返り(信長夜話・その85)

今年の晩秋は暖かかった。ありがたいが不気味。
ファッション関係は大変だろう。
一年でもっとも売り上げがとれる秋から冬に、この暖かさだ。

先日、春物を売り場に出した百貨店があるとTVで流れていた。
値下げならまだしも、まだ12月だぞ!

こんなに、売れないのなら、春物を並べて顧客にDMを出して、来店を促し、
顧客の春物衣料用のお金を、まず、わが売り場に落としてもらおう、という魂胆なんだろう。

ファッション関係には、こういった前のめり型の商売が年々進んでいる。
そのうちに、12月に夏物が売り場に並ぶ日も遠くないぞ・・・




ということで、今回の話。

元亀元年(1570)永原から岐阜へもどる途中、織田信長は千草峠で狙撃を受けた。
六角氏の放った刺客、杉谷善住坊だった。
幸運にも、信長はかすり傷程度(衣服の袖を撃ちぬいた、という説あり)。

岐阜に戻った信長に知らせが届く。
近江、鎌刃城(かまは)城主、堀秀村(ほりひでむら)が浅井から織田に寝返ったのだ。
浅井氏攻略の好機と見た信長はスグに出陣する。
交通の要衝にある鎌刃城は浅井氏にとっても重要拠点であったにちがいない。

ここでも信長が速度を重視したことがわかる(他の大名と比べても)。
信長にすがしさを感じるとすれば、こういうところのような気がする。

グズグズしていれば、寝返ったことがバレて、堀秀村が敵に攻め殺されるかもしれない。
敵側から逆説得があるかもしれない。
当人の心は揺れている可能性もある。

出陣は6月19日だった。
その日のうちに堀氏の長比城(たけくらべ・ 読めないようねぇ「たけくらべ」とは、)に入った。
浅井側の抵抗はなかったようだ。
ここで、軍勢がそろうのを待つ。

信長のよくやる出陣手順だ。
すぐに動くことが出来る手勢を率いてサッサと出陣。
途中、「上様が出陣なされたぞ!続け!早くせい!」と追っかけてくる配下武将の軍勢を待つのだ。
気が短いのか?居ても立っても居られないのか?好機と判断した?のか?信長はこれをよくやる。

ところで、寝返った堀秀村は、このとき13才。少年だ。
木下秀吉配下の竹中半兵衛重治の説得(調略)を受けた。

堀秀村の家老、樋口 直房(ひぐち なおふさ)は、前もって竹中半兵衛の説得を受け入れていたのだろう。
秀村は家老、樋口 直房を頼りにしていたと想像する。


kamahajyou32.jpg
<イラストは鎌刃城とした。琵琶湖に近く、彦根や佐和山の東の山の稜線にある。
石垣があり、大櫓があったという説がある。

背景に琵琶湖が霞んでる。
こういう角度で琵琶湖が見えるかどうかはわからないが想像で画いた。

堀秀村、樋口 直房の肖像画は見当たらない。
当時13歳の堀秀村が、イラストのような少年かどうかはわからない。でっちあげた。
TVドラマではイケメンが戦国武将を演じることが多いが、現実感がないとボクは思っている。

竹中半兵衛には肩衣を着た肖像画がある。
それはボンヤリとした絵、半兵衛の顔もボンヤリ。

映画やドラマなら、一見、ボンヤリとした半兵衛が実は切れる男だった、という描き方も出来るが
(むしろ効果的)、
このイラストの場合、一枚だけなので、ボンヤリとした半兵衛を画くと、違和感があるだろうとボクは思った。>



戦で敵を撃破することは武将の手柄にちがいない。
でも、一番の手柄は調略によって敵を寝返らせることではないだろうか。
相手が重要人物なら、なおさらだ。

調略(寝返らせること)の利は大きい。 

(1)今まで敵だった者が味方になる。敵にとっては倍のダメージだ。

(2)戦ではないから自軍の消耗はない。
その費用も、戦費にくらべたら安くすむだろう。

(3)敵の情報が手に入る。軍事機密も含まれる。
後の「小牧長久手の戦い」の後、徳川家康の重臣、石川数正が豊臣秀吉へ寝返ったことがある。
家康は自軍の軍制の変更を余儀なくされたという。

(4)寝返った者は自軍では新参者だから、いきおい、危険な作戦に従事(志願)する。
たとえば、先陣を受けもったりする。戦の初めは敵も元気が良いから大変なのだ。

(5)寝返った者は、戦働きを認めてもらう必要があるから、戦場では勇敢だ。

(6)味方から裏切り者が出た。調略をされた側の士気は低下する。
「え!堀殿が?ということは家老、樋口殿の判断なのだろう。ワシの身のふり方も考えたほうが・・・?」と動揺する。

調略は、する側には良いことづくめ、される側には悪いことづくめ。

天正8年(1580)、信長は古くからの重臣、佐久間信盛親子を追放する。その十九箇条の折檻状(せっかん)に、
「信盛らの気持ちを推し量るに、石山本願寺を大敵と考え、戦もせず調略もせず、ただ城の守りを堅めておれば、相手は坊主であることだし、何年かすればゆくゆくは信長の威光によって出ていくであろうと考えていたのか?・・・」(現代語訳)
とある。

木下秀吉は「人垂らしの名人」と言われた。
調略は得意種目だったにちがいない。
主君、信長の欲するところをよく理解していたと想像する。
秀吉隊の竹中半兵衛も、当然、秀吉の意向をわかっていただろう。

調略の的を絞ると、その者の情報を集めた。地縁、血縁、人脈、長所に短所、好き嫌い、などなど・・・
人を介して接触を試みる。もちろん、秘密裡に。
ときには文書で、ときには直接会って説得する。

戦が日常だった時代、皆、不安を抱えていた。
まずは、自分のことをさらけ出し、相手の心に入り込む。
嘘、うわさ、おいしい話、脅し、よいしょ、をいりまぜて相手の心を揺さぶる。



堀 秀村(ほり ひでむら、弘治3年(1557年) - 慶長4年(1599年))のこと。

近江国北部の鎌刃城の城主。小谷の浅井長政に仕えていた。
1570年、木下秀吉配下の竹中重治や家臣の樋口直房の説得され、織田方に寝返る。

その後、激怒した浅井方に攻められ、鎌刃城を失う。
姉川の戦いで浅井氏が敗れると、織田信長に再び鎌刃城の城主を任された。
1571年には浅井方の浅井井規が鎌刃城を攻めるが、、木下秀吉の加勢、奮戦もあり城を守りきった。

以後、対浅井の防備に秀吉と共に協力して当たる。
しかし、浅井氏の滅亡後、秀吉が近江の領主として堀よりも格上の立場になった事によって軋轢が生じた。
家臣である樋口直房が一向一揆との戦いで、勝手に一揆衆と和睦、城を捨てて逐電したため、1574年に10万石とも言われる所領を全て没収され、信長に追放された。

その後、豊臣秀長に拾われて仕えたというが往時の勢力は取り戻せず、1599年に没した。42歳。
人生にはいくつもの分かれ目がある。
結局、堀 秀村の13歳の賭けは裏目と出た。

秀村は、織田信長の優秀な側近、堀秀政の家系の分家では?という説がある(有力ではない)。
北近江と美濃はとなりだ。あり得るように思うが?



樋口 直房(ひぐち なおふさ、生年不詳 - 天正2年(1574年))のこと

通称を三郎左衛門。
浅井氏に属し、近江国坂田郡を代々治めた堀氏の家老。
幼少の主君・堀秀村に代わって家中を取り仕切る。

兵法・軍略に通じ、優れた民政家でもあった。人望厚く近江一の智謀の将と謳われた。
書や茶道、連歌などにも通じ、文武両道の武将であったという。

斎藤氏の家臣だった竹中半兵衛重治が稲葉山城を奪う無血クーデターを起こし(珍事!)て隠退したとき、近江に逗留した重治に住まいを世話をするなどして親しくなったといわれる。

元亀元年(1570年)、直房は、羽柴秀吉に仕えていた半兵衛からの調略を受け、浅井から織田方に寝返る。
主君・秀村を説得し、秀吉の有力な与力として、重治と共に重きをなした。

朝倉氏滅亡後、織田軍は小谷城を包囲。その時も、秀吉に従い転戦。
浅井氏が滅びた翌年、横山城守将など要職を任されていた。

越前木目峠に布陣した際、鎮圧途中の一揆勢力と単独で講和を試み退転したことが秀吉にバレる。
逆鱗に触れた直房は妻、一族郎党とともに秀吉の追跡を受け命を落とした。
以前の家老の直房が討たれたことにより、堀秀村は領地没収の憂目にあっている。



鎌刃城のこと

鎌刃城は霊仙山の東尾根から派生する支尾根の東端に築かれた。
中山道の番場宿(現、滋賀県米原)を見下ろす位置にある。

番場宿は西に琵琶湖の水運を利用できる朝妻港を控え、東は美濃、南は京へと続く中山道。
北は木之元を経て越前に通じる。
これらの街道が交差する交通の要衝にあった。

この要衝の地をめぐって、江北の浅井氏と江南の六角氏が戦いを繰り返した。
中山道に沿って鎌刃城以外にも菖蒲岳城、太尾山城、および地頭山城などが点々と築かれている。

尾根頂部の主曲輪を中心として、北と東に延びる尾根上には連郭式に曲輪が配され、南尾根は幅2mほどの痩せ尾根にもかかわらず8条の堀切を入れるなど徹底した防御が図られている。
鎌刃城の名前は、この尾根の形状が鎌の刃状であることに由来しているという説がある。

鎌刃城が、他の中世城郭と異なるのは、石造りの城という点だ(普通は土)。
主曲輪から東に延びる尾根先端の曲輪の南斜面に高さ3~4m、長さ40mほどの石垣(通称:大石垣)が知られていたが、
1999年からの3年間に渡る発掘調査で、主曲輪周囲を石垣で固め、虎口は山城としては異常に大きい石造りの枡形虎口を備えている。
また三の曲輪にも石造りの枡形虎口を有するなど、要所要所は石積みで固められていることが判明した。
鎌刃城は六角氏の主城、観音寺城につぐ規模があったという説もある。



谷口克広著「織田信長合戦全録」中公新書¥840+税、
「近江の城郭」http://www.oumi-castle.net/、
Wikipediaの記事、
を参考にしました。








今年のブログの更新は、これで終わります。
ありがとうございました。
良いお年を・・・

 
  1. 2015/12/29(火) 07:37:11|
  2. 信長夜話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<指(ジョーク) | ホーム | ふたたび種子島(鉄砲)のこと(信長夜話・その84)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://buenoskozo.blog72.fc2.com/tb.php/263-448dd58a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)