ブエノス小僧のイラストブログ

興味があることを、ガサガサ、ゴソゴソ、画いたイラストといっしょに掲載します。

年賀状を書かねば~!

年賀状が減り続けているそうだ。

メールで済ます人が増えたのだろう。
人は楽なほうに流れる(やっぱり)。

「日本の新年の習慣なんだから、減っていくのは寂しいかぎり!」
そう思う。
「でも、めんどくせぇぇぇ!」
そ、そう思う。


ボクは3年前に年賀状の送り先をしぼった。
長い間、機械的に出している先へは出さないことにした。

すると、それまで60枚ほどだったのが、20枚ほどになった。スッキリした(正直に言うと)。
もっと絞れば10枚ぐらいになるだろう。

「年賀状とりやめ」を前もって先方に知らせたほうが良いのだろうか?微妙だ。
そんな連絡をもらった先方はウレシクはないだろう。
無断でとりやめた。
次の年に先方から賀状が届かなければ「年賀状とりやめ」は完了だろう。

nengabrog201721.jpg
<平成二十九年(2017年)の年賀状に貼りつける絵。
今回は干支にした。干支とは関係ない絵のときもある。
画きたいものを画く。>



いつの頃から、ボクは賀状を出すようになったのだろう?
学生のころは出していない。
社会人になって仕事がウマくいくようになってからだ(今はウマくいっているわけではない)。

賀状も自己宣伝(PR)のひとつだと思った。

ほとんど付き合いのない相手に、理由もなくハガキを出せば、先方は気持ち悪いだろう。
その点、賀状や暑中見舞いは都合が良い。
ボクの賀状を見た人が記憶にとどめてくれて、あわよくば、仕事につながることになれば?
という下心が働いた。

人はどんな事情を抱えているかわからない。
「アイデアが出ない。計画は進んでいるしなぁ、どうしよう?・・・」
「あ、そうだ、あの年賀状の男・・・」
という可能性だってゼロではないだろう、と思った(思うのはタダ)。

可能性の網を張ったのだ。
「スッゲェことになったら、どうしよう。クックック・・・」
前向き思考(ポジティブシンキングてやつ)

そのために、力を入れて賀状を作り、アイツにコイツ、あの人、この人、手あたり次第に出した。
数年、続けた。

結果、賀状経由で仕事につながったことは、まったく無かった。サッパリ!


賀状をいただいて、言うのもなんなのだが、
毎年、二度見したくなるのは1~2枚ぐらい。
(ボクの賀状も、その中には入らないだろう。)

定型のひとつを選んで印刷してもらう、定型そのものという賀状がある。
自筆文なし。
「一応、出しておこう」感がありありだ。
もらう側は、それが透けて見えてしまう。

「面白い賀状」は定型をハズしたほうが良い。
だって、賀状のほとんどは定型だから。

家族の写真を貼りつけてあるのもよくある。
ハッキリ言って苦手だ。
他人の子供の運動回のビデオを見せられているときの、居心地の悪さと似ている。
自分が思っているほど、他人はその家族に興味はないと思うのだが、

ぬけぬけと賀状批判をしているが、ボクの賀状が良いということではない。


賀状に気のきいたことを書きたいが、義理で出す相手には頭も筆も鈍る。
こちらが気をつかわなくてはならない相手には、あたりさわりのない定型に落ちついてしまう。
つまらない賀状になる。

いっしょに飲んだりする、悪口も言いあえる気の置けない相手には、力の抜けた面白いセリフが浮かんだりする。
チョクチョク会うのだから、賀状など出さなくても良い相手なのだ。皮肉だ。
世の中は皮肉なことが多い。


もらってウレシイ賀状、ボクはこう思う。
①定型を外す。
②絵、あいさつ、氏名住所、は印刷ですませる(楽だから)。
必ず自筆文章を入れる。それにエネルギーをそそぐ。内容に脳を絞る。
できるなら、これでもか!というぐらい空いているところにビッシリと自筆文を書き入れる。

結局、「汗をかけ」ということなのだろう。
楽をするとツマラナイ賀状になる。


今年のブログの更新は、これが最後、
ご訪問いただき、ありがとうございました。

来年も、ボクのくだらないブログを覗いていただけると、とてもウレシイ!

今宵は「おでん」と熱燗だ!
では、良いお年を・・・






  1. 2016/12/20(火) 07:31:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<蛇はいねぇだ(ジョーク) | ホーム | そのとき七手組はなにをしていたのか?>>

コメント

コメントをありがとうございました。

西原さんへ

わざわざ、コメントをいただき恐縮です。

ご無沙汰をしております。
平成も29年になりましたね。

新しい年号が「平成」になったと、時の小渕首相が
平成と書いた紙ををテレビカメラにかざしていたのを
覚えています。

取引先の忘年会に参加したときでした。
それは蒲郡の旅館でした。
  1. 2017/01/01(日) 19:33:28 |
  2. URL |
  3. ブエノス小僧 #BDRO7MJ6
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2017/01/01(日) 18:05:53 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://buenoskozo.blog72.fc2.com/tb.php/280-8f58ab58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)