ブエノス小僧のイラストブログ

興味があることを、ガサガサ、ゴソゴソ、画いたイラストといっしょに掲載します。

書き換えたら

「船越、松居夫婦のすったもんだ」が面白い(下品ですが)
女優、杉田かおるの「高級フランス料理店での飛びけり事件」以来のおもしろさ(野次馬としては)。

金儲けがうまい激情妻、松居一代。
吠え、噛みついております。最強タイプの女かも?
温和な人格者夫、船越英一郎。という構図だが、本当のところはわからない?

妻、松居が船越の父母の位牌を紙袋にいれ、玄関においておいたという、
怒りにまかせてのやり過ぎだと思うが、
驚いたのは位牌本人たちではなかったか?

船越英一郎の父は、かつての二枚目俳優、船越英二。
母は、かつての美人女優、長谷川裕見子、貞淑な日本夫人が役どころだった。

ボクは位牌に魂は宿っていない、と思っているが、
空の高みから「ななななっ」ではなかったか。




ということで今回の話、

仕事をサボって、いつもの喫茶店のいつもの席でコーヒーを飲んでいた。
窓際なので道行く人がよく見える。
ボンヤリとそれを見るのが好きだ。

ボクの後ろのテーブルに男二人が座った。
その日(その時間)、店は空いていた。

窓の外を眺めているのに飽きると、男二人の話が背中越しに入ってきた。

人は聞こうとして意識をむけないと聞き取ることができない。
学校の授業でも、他事を考えているときは聞いていない。

misairu1112.jpg


男A 「しかし、北はICBM(大陸間弾道弾)の開発に熱心だな」

男B 「体制の存続と命がかかっていると思っているからなあ・・・」
男B 「トランプ(大統領)が”あの男は人生で、ほかにやることがないのか?”と言っていた、まったくだ」

男A 「最近の兵器はIT化が進んでいるだろうから、とびぬけたIT技術があれば、
    多くの兵器の無力化ができるかもしれない?」

男B 「そうなると、兵器の性能など意味がなくなってしまうよな」

男A 「ミサイルの制御には、ITが使われているように思うんだ。北でも」
男A 「ITといえば、もっとも進んでいるのはアメリカだろ、イスラエルも進んでいるかも、」
男A 「その高いIT技術で北に侵入(ハッキングというのかな?)して、ミサイルのプログラムを書き換えてしまう。」
男A 「ミサイルを発射して高度5000mに達すると、180度向きを変えて発射地点にもどってくる、というように」

男A 「10発発射して、10発ともそうなれば、北もとりあえず、それ以上の発射はあきらめるだろ」

男B 「う~ん、アメリカならできるかもね・・・」

男A 「空母やB1爆撃機などで威圧をしなくてもさ・・・」

男B 「いや、もうそういう作戦は可能になっているのかもしれないな」
男B 「でも、それを現時点で使ってしまうと、対策をほどこされて肝心のときに作戦が不発になってしまう」
男B 「肝心の時というのは、ICBMがアメリカ本国に向けて発射準備にはいった情報を入手した時だ」

男A 「ということは、日本へ向けた核ミサイルには、その作戦は発動されないわけだな」

男B 「そうだな。第二次大戦中、イギリスがドイツ空軍のコベントリー爆撃の暗号解読に成功するのだが、
   暗号解読に成功したことをドイツ側に知られることをさけるため、
   イギリスはコベントリー爆撃に目をつぶった、という説がある。
   もっと大きい勝利のためにコベントリーを見殺しにした、といえなくもない。
   まあ、いつでも暗号解読に成功したかどうかは公にはされないから、推測なんだが・・・」

男B 「だから、本土に脅威が迫ったときまで、アメリカはその作戦を温存する。」
男B 「日本への攻撃には、既存のミサイル防衛システムで対処させるわけだ。」


男A 「北の肩を持つつもりはまったくないけど、そもそも、核保有国の、
    ”うちは核兵器をもっても良いけど、お前らはダメって”おかしいよね」

男B 「”牛や羊は食ってもいいけど、クジラはダメ”という連中だからな。
    西洋では以前はクジラは油だけとって肉は捨てていたんだから」

男A 「軍事力は外交の一手段だが、核の脅しに対してまともな外交ができるのだろうか?
   ハッキリ脅さなくても、匂わすことはいくらでもできる。
   ”もし・・・”を思いながら強気の姿勢がつらぬける外交当事者はいないだろう。」

男B 「でも、核兵器所有の制限をくわえないと、それどこ?なんていう国や、
    政情不安の国が核兵器所有宣言をするかもしれんしなあ?」

男A 「アタッシュケースにおさまる核兵器もあるというし、
   大学生程度の頭があれば作ることが可能だと言うしなあ・・・」
男A 「いろいろ理由はあるのだろうが、先人はやっかいなものを作ってくれたもんだ」

男B 「・・・」


ボクはそんな話を背中で聞いていた(盗み聞き、下品)。
正確ではない。だいたいの話だ。
コベントリーの話は知らなかったな。


古いハリウッド映画「渚にて」を思いだした。

1959年、スタンリー・クレイマー監督、グレゴリー・ペック主演
米ソ冷戦時代に第三次世界大戦が起き、ひたひたと滅んでいく地球、とい恐ろしい映画。








  1. 2017/07/18(火) 07:15:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鈴緒 | ホーム | プレゼント(ジョーク)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://buenoskozo.blog72.fc2.com/tb.php/290-febd70e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)