ブエノス小僧のイラストブログ

興味があることを、ガサガサ、ゴソゴソ、画いたイラストといっしょに掲載します。

女優、白石加代子(敬称略)

shiraishi12.jpg
<白石加代子には黄昏時が似合う。電線が這う空が似合う。もちろん夜の闇も・・・>


女優、白石加代子(敬称略)。
ボクはいつ頃、白石加代子を知ったのか?覚えていない。
注目したのは、たしか、『百物語』(一人芝居?一人語り?)のポスターを見たときだったと思う。
遅い気もする。

「ギョッ!すげーっ!だれこの人?」、存在感(月並みな言い方ですが)に圧倒された。
ポスターを見ただけで、すでに怖い。舞台はさぞや、と思った。
ただごとではない表情(顔)だ!
出てきただけで「なにかが起きるぞ!」と思わせる俳優は、そうはいないだろう。

白石加代子は顔が大きいように思う(目立つ)。
舞台役者としては顔が大きいのは長所だ。

できれば、目、鼻(穴も)、口、などの部品も大きい方がいいだろう。
遠くの客席からも顔の芝居が見えるから。
舞台役者が濃い化粧をするのも同じ目的からだろう。

今や、カワイイ顔の条件とされる小顔やチマチマした顔部品は不利だ。


白石加代子のような存在感を思いつくとすれば、
樹木希林(敬称略)、美輪明宏(敬称略)、ぐらいではないだろうか?

ボクは、樹木希林、美輪明宏、を敬意をこめて巨人だと思っている。

先日、テレビに古館一郎と樹木希林が出ていた。
北大路魯山人と映画『人生フルーツ』をからめた対談だった。
企画は成功したとは言い難かったが、

「古館一郎の喋りは、どうでもいいから(失礼)、樹木希林にイッパイ話させろ。樹木希林のことが知りたい。」
と思って見ていた。
テレビに出演する人は「映って(抜かれて)なんぼ、喋ってなんぼ」なんだろう。
だから皆よく喋る。映ろうとする。
相手に喋らさせなくちゃいけない立場のときでも、よく喋る。

脱線した。
白石加代子は現在、NHK朝ドラ「ひよっこ」でアパートの怪大家さん、富(とみ)を演じている。
若いころに赤坂(だったかなぁ?)の芸者だったという役どころ。



話は変わる。

「さくら~吹雪の~~♪」というメロディーが流れると、「うわっ!また来たか」と思う。苦手だ。
これでもか!の感動の押し売り。

当日だけでなく、数日前から予告ネタが増え、終わっても反芻ネタが流される。
だから、『24時間テレビ』は実質、24時間より長い。勘弁してほしい。
ボクは、この期間、他チャンネルに避難するのだ。









  1. 2017/08/29(火) 07:58:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ばれた(ジョーク) | ホーム | 鈴緒>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://buenoskozo.blog72.fc2.com/tb.php/292-edf7c958
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)