ブエノス小僧のイラストブログ

興味があることを、ガサガサ、ゴソゴソ、画いたイラストといっしょに掲載します。

ばれた(ジョーク)

korewonandato22.jpg

こぶしを握りしめた男が、ふらつきながらバーに入ってきた。

「つよいやつをくれ!」
「どうしたんです旦那、大丈夫ですかい?顔色が悪いですぜ。」とバーのオヤジ。

男 「う・・・浮気が女房にバレちまったんだ。」
バーのオヤジ 「そりゃ大変だ。ワシが浮気をしてバレようものなら、女房にキ○タマを引っこ抜かれてしまいまさぁ!」

男 「ううう・・・この手に握りしめているのを、なんだと思っているんだ。」
「・・・・」



植松 黎編・訳「ポケット・ジョーク」(角川文庫)¥390を参考にしました。





話は変わる(いつものように)

ずいぶん前のことだが、sophisticate(ソフィスティケート)を(ソフィスケート)とボクは思っていた。
そのころボクはカタカナ語を多用する業界にいた(今はカタカナ語が嫌い)。

好きな言葉だった。”ソフィスケート”を人前で何度も使っていた、得意げに。

あるとき、「ブエノスさん、それソフィスティケートですよ。」と、ご注意をいただいた。
ボクは狼狽した。ソフィスケートを疑いもしていなかったからだ。
「ソフィスティケートですよ。辞書であたってみてください。」

その日、辞書をひいた。
「sophisticate:ソフィスティケート、他動詞もしくは名詞。(人を)洗練させる、(機械を)複雑にする、洗練された人。」

恥ずかしかった!
今、思い出しても恥ずかしい。



恥ずかしついでに、

エッセースト、酒井順子先生(先生とお呼びしている。ファンだ。)の本のなかで
憧憬を(しょうけい)とカナ読みが加えられていた。

つい最近まで、ボクは憧憬を「どうけい」と読んでいた。
またやった、恥ずかしい!と思って調べた。

ところが、「しょうけい」「どうけい」、どちらの読みもあるらしい。
意味はどちらも「憧れ」。

やれやれだった。日本語はむずかしい!


そういえば、相殺(そうさい)を(そうさつ)と読んでいたこともあった。
こういう思いこみの間違いが他にもあるにちがいない?






  1. 2017/09/19(火) 07:18:37|
  2. ジョーク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<野田・福島の砦(信長夜話・その91) | ホーム | 女優、白石加代子(敬称略)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://buenoskozo.blog72.fc2.com/tb.php/293-47baaf0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)