FC2ブログ

ブエノス小僧のイラストブログ

興味があることを、ガサガサ、ゴソゴソ、画いたイラストといっしょに掲載します。

酌量の余地はない!(ジョーク)


「・・・酌量の余地はない!被告に最大の罰を言いわたさざるをえない。・・・」
きびしい口調で、判事は被告に向かって言った。

「被告は、安全で、暮らしの心配などもない刑務所へ送られることを考えていただろう。
そうはいかない。被告には苦労が渦巻く世間(娑婆)に戻る刑を科すこととするっ!」

hanketsu1111.jpg

さらに、判事は続けた。

「そこで被告は生きて、さまざまな苦労を味あうことになるのだ。
突然、暴落する株式市場、口先だけの不誠実な政治、うんざりする道路の渋滞、汗して稼いだ金を無慈悲に奪う税金。
なけなしの金を狙う詐欺。家族を養うためにイヤな仕事を続けて定年をむかえたら、粗大ゴミあつかい。
年老いて入院したらベッドにくくりつけられ…・・・」

「そんなこんなが渦巻く世間に、お前は戻らなければならないのだ。」

「・・・・」
その判決をきいた被告の震えは止まらなかった。



(注)記憶にあるジョークを参考にしたのですが、出典を思いだせません。





------------------------

話は変わる。

「大相撲」が面白い。
嘉風などのベテラン、御嵩海などの新しい世代の台頭が面白くしているように見える。ボクには.。
横綱、大関が安定した場所はスリルがなくてつまらない。

それにしても、最高位の行司、式守伊之助の「セクハラ事件」、
伊之助は酒癖が悪かったそうだ。
酩酊→悪ふざけで、若い男の行司にチューをしたのだろうとボクは想像している。
「男色の趣味はない」と伊之助が言っているのを信じたわけだが・・・

行司の脇差は、「軍配のさし違い」をすれば、切腹をも辞さない覚悟のしるしだ、と言われている。
その行司の最高位が、それも、若い男の行司にチュー(何度も)!・・・
そこが面白い。その落差が面白い。


織田信長は相撲が大好きだったという。

信長と言えば男色(両刀使いだが)。
当時は信長に限らず、男色趣味は珍しくない。
武田信玄などは男色相手からの嫉妬の文が残っているという。

ひょっとすると、行司の世界には信長時代の趣味が脈々と・・・?

行司の衣装はと見てとれば、烏帽子(えぼし)に直垂(ひたたれ)。
これに太刀をはけば、当時の武士の正装だ・・・ムムム?・・・不謹慎は面白い・・・。

<余談>
「安土桃山時代というのは、日本男子が最も美しいものを着た時代なんです。
・・・日本男子の体形が最も立派に見えるのが直垂です。」
デザイナー、ワダエミの話です(正確ではない)。




  1. 2018/01/23(火) 07:14:13|
  2. ジョーク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<よくわからないこと? | ホーム | 片っ端から>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://buenoskozo.blog72.fc2.com/tb.php/300-96493dd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)