FC2ブログ

ブエノス小僧のイラストブログ

興味があることを、ガサガサ、ゴソゴソ、画いたイラストといっしょに掲載します。

退却 (信長夜話・その99)

前回の「三左衛門可成の戦い(信長夜話・その98)」からの続き→


元亀元年(1570)九月十二日夜半、石山本願寺が敵対した。

それまで、三好勢がたてこもる野田、福島を包囲して、信長に有利な戦況だったのが、
一転、予断を許さない状況になった。

二十二日、信長に報せが入る。
それは、宇佐山を守っていた森可成の戦死だった。
遡る十六日、浅井・朝倉勢は琵琶湖西岸の下坂本まで進出してきたのだ。

(ここまでは前回で書いた)



「三左衛門(森可成)が・・・九郎(織田信治、信長の弟)までも・・・・・」
森三左衛門可成(よしなり)は信長が信頼する宿将のひとりだ。
信長に悲しんだり、「これからどうする?」を考えているヒマなどなかっただろう、
京への防衛線が突破されたのだ。すぐに退陣を決める。

強力な敵が二正面に現れた、ただ事ではない。


三か月前、信長は「姉川の戦い」に勝利した。
「朝倉・浅井勢に相当なダメージを与えたはずだ」と信長は思っていた。

しかし、ダメージは信長が思っていたほどには深くはなかった(ボクの想像)。
宇佐山へ押し寄せた朝倉・浅井軍は合わせて2万~3万の軍勢を動員できたのだから。


当初、対朝倉・浅井の抑えとしての宇佐山城の森可成は、わずか千だった。
(急をきいて駆けつけた織田信治の二千が加わる)

*「宇佐山の戦い」については前回の「信長夜話98・三左衛門可成の戦い」参照



二十三日、信長は和田惟政・柴田勝家に殿(しんがり)を命ずると、
主力を「天満が森」に集め、京に向かって退陣する。撤退だ。


この時のエピソードが『信長公記』にある(正確ではない)。

『信長公はみずから中島に出て江口の渡し(現大阪市東淀川区内)へ向かった。
江口川は宇治川・淀川の支流。水量多く舟で渡るのが常識だった。

しかし、ここにはすでに一揆が蜂起しており、船は見当たらない。
一揆勢は対岸の大坂堤添いへむらがり、織田勢へ向かって口々に嬌声を投げかけた。

渡河するのをためらうのを見た信長公は、河中へ馬を打ち入れると、
みずから馬を駆けまわして川の流れを調べる。
そして、軍勢へ向かい「渡るべし」と下知した。』

uchiireta42.jpg
<乗馬を得意とした信長の面目躍如だ。
文中の「ためらう」のは馬廻り(親衛隊)だろう。

敵前である。秀吉や家康と比べると信長は武闘派だ。
秀吉なら、武将が自らこういった危険な行為をすれば、
「タワケ!」と叱責しただろう。「軽率なことをするな!」と、>



『信長公記』の続き

『「上様に遅れるな!」とばかりに、織田勢は一斉に川へ入った。
以外にも水深は思いのほか浅く、徒歩でらくらくと渡河することができた。
信長公はその日のうちに公方様(足利義昭)に供奉して帰洛を果たした。

ところが、その翌日から江口の渡しは急に水深が増し、徒歩での渡河は困難になってしまった。
江口近辺の者達は、「ふしぎなることよ」と皆ささやき合った。』

(「上様に遅れるな!」はボクの脚色。)


taijin12.jpg
<その日の夜には信長、義昭ともに京に着いた、というから強行軍だ。
大阪~京は約45km、時速3kmで移動できたとして15時間である。
ヘトヘトだったろう。
信長の素早い判断と行動だった。>



翌九月二十四日、
疲れを癒す間もなく、信長は上京本能寺(あの本能寺)を立ち、逢坂を越えて琵琶湖西岸へ向かう。
従うのは織田主力。朝倉・浅井勢との一戦(対陣)である。

兵のなかには、ろくに寝ていない者も多くいただろう。
織田勢は固まりになって退却したのではない。
2万~4万はいただろうから、先頭から後尾まで長蛇をなした(ボクの想像)。


下坂本に布陣していた朝倉・浅井勢は、
信長の旗印を見るや、たちまち比叡山へ上がってしまう。
比叡山とも話はついていたにちがいない。

想定したより素早い信長の転進に驚いたのかもしれない。
「しばらくは尾張守(信長)も動けまい、ざまを見ろ、ムフフフ・・・」と朝倉・浅井は思っていたのではないだろうか。





次回「信長夜話その100」に続く→





  1. 2019/04/09(火) 07:06:13|
  2. 信長夜話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マブヤー マブヤー | ホーム | 三左衛門可成の戦い(信長夜話・その98)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://buenoskozo.blog72.fc2.com/tb.php/322-c3874d55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)